植物

ぽとす観葉植物推進委員会

買いましたよ!

観葉植物を。

ムラサキオモト、テーブルヤシ(両方とも苗で200円)です。

Img_0064 Img_0067








これで、部屋にある観葉植物は全部で11種類になりました。

無限に増え続けそうですね~。

昨日買ったんですが昨日は雨降りだったので、今日の午前中に鉢に植え替えました。

直射日光が厳しい中、外で植え替え作業をしました。

暑かったですよ~!

梅雨なのに、この太陽の頑張りっぷりは、一体どうしたことでしょうね。

じりじりと肌を焼かれる感じがしました。





さて、まず、鉢に石を4分の1くらい入れる。

次に、観葉植物用の土を入れる。

苗を容器から取り出して、3分の1くらい土を除いてあげて、弱っている根を取り除く。

後は、土で高さを調節しながら、苗を鉢に入れるだけです。

その後、たっぷりと水を入れて、完成!!

結構、簡単ですよね!

部屋に持って行き、無理やりスペースをあけて、配置しました。

ちなみに、まだまだ増える予定ですよ!

スペースは、買ってから作れば何とかなりますから!





ここのところ、観葉植物のことばかり書いてますね。

なので、観葉植物のいいところをアピールしたいと思います。

これを読めば、買わずにはいられなくなりますよ。

1.植物を育てると、生活にはりが出る(うつ病の人にちょうどいいくらいの生活のはり)。

2.植物は部屋の空気をきれいにする。

3.植物の緑色は人の心を落ち着かせる(精神科にも観葉植物って置いてありますよね)。

4.植物は値段が安く、経済的。

5.植物はインテリアとしても最適(部屋に潤いが出ます)。

6.植物の成長を見ると、嬉しくなる(1日でかなり成長する種類も)。

7.ちょっとだけ、地球温暖化の防止にもつながる。

8.僅かなスペースでも植物は育てられる。

9.世話が簡単(丈夫な種類なら月1回の水やりくらい)。

10.観葉植物の種類は、非常に豊富で飽きることがない。





以上、ぽとす観葉植物推進委員会でした。




| | コメント (20) | トラックバック (0)

観葉植物アジアンタムに感情移入するうつ病患者

どうも、こんにちは。

ここのところ、暑い日が続いていますね。

白のTシャツ(ユニクロで買った1,000円の)、ブルーのジーンズという適当な服を着て、ブログを書いています。

でも、考えようによっては、尾崎豊みたいですね。

だらしがない服装と見るか、尾崎豊みたいと見るか。

大きく違ってきますよね。

角度を変えて、物事を考えるのは大事ですよ。





さて、また、部屋に観葉植物が増えました。

ホームセンターで買ったのが、レックスベゴニア、ハートカズラです。

さらに、母が育てていたのをもらったのが、オリズルラン、グリーンネックレスです。

全部で9種類まで増えました。

ここまで増えると、スペースがないので床に置いておけません。

なので、本棚を活用しました。

こんな感じです。

Img_0057








左上から、ハートカズラ、サンセベリア・ハニー、アイビーです。

そして、3つ瓶のようなものに入っているのは、グリーンネックレス、アイビー、オリズルランです。

これは、土じゃなくてハイドロカルチャーにしました。

で、左下のがスパティフィラム、右下のがレックスベゴニアです。

レックスベゴニアの上がアジアンタムです。

この本棚に観葉植物を並べたの、結構いい感じじゃないですか?

カフェに置いてあっても違和感がないですよね?

誰もいいと言ってくれなくても、私はいいセンスしていると思ってますよ!

・・・我ながら、幸せなやつですね。

でもね、自己満足って大切だと思うんですよ。

些細なことでも、満足できれば、それで幸せじゃないですか。

父、母にも「かなりいい感じでしょ~」と自慢しておきました。






ちなみに、3つの瓶を拡大したのがこちらです。

Img_0062




ハートカズラの茎や葉が垂れていますよね。

ハートカズラでカーテンをイメージしてみました。

うん、やっぱりいいセンスだ(しつこいですね)。





この本棚は、南の窓から太陽の光をたっぷり浴びられる環境にあります。

直射日光は観葉植物にはよくないので、窓にはレースのカーテンをしています。

それでも、最近の暑さで、アジアンタムの葉が、数枚枯れてしまいました。

そこで、対策としてこんな風にしてみました。

Img_0058








アジアンタム専用のカーテンです。

これなら、日光に弱いアジアンタムでも大丈夫なはず!!

ちょー過保護ですよ!

だって、すぐだめになっちゃうんですよ、アジアンタムって。





私、ぽとすと名乗っていますが、部屋のポトスは葉が増えすぎたので、茎からカットしてあげて、母にあげました。

きっと、彼らはたくましく増え続けるんだろうな。

それに比べたら、アジアンタムは弱すぎます。

1日1回の水やり、1日3回の葉水、太陽の光から守ってやる、枯れた葉はちぎってあげる。

これだけやる必要があります。

・・・まるで、うつ病患者みたいじゃないですか。

1日数回の抗うつ剤の服用、仕事を休んで外部のストレスから離してあげる、弱った心をカウンセリングでケアしてあげる。

同じですよね。

ですから、なおさら、このアジアンタムには感情移入しちゃうんですよ。

絶対、この子は枯らしませんよ!!





| | コメント (21) | トラックバック (0)

アジアンタムとスパティフィラムの友情

先日、観葉植物のアジアンタムとスパティフィラムを買ったことを書きました。

順調に育てていますよ。

アジアンタムには、1日で、2、3回の葉水(葉に霧吹きで水をかけること)をしっかりしてやり、水もたっぷりあげています。

太陽の光が当たり過ぎてもいけないので、レースのカーテン越しのほどよい光が当たるようにしています。

スパティフィラムは、1日で1回の葉水をあげています。

ただ、こちらは根腐れしやすいので、水はあげてません。

これも同様に、太陽の光に直接当てずに、ほどよい光が当たるようにしています。

すごくすごくかわいがってやってます。

どちらとも1日に5、6回は様子を観察しています。

これだけ手をかけても、アジアンタムは、枯れる葉が出てしまいます。

そういうときは、その葉を取ってあげてます。





なぜ、アジアンタムとスパティフラムの友情なんてタイトルをつけたか。

こちらをご覧ください。

育て始めて3日目の様子です。

Img_0047





アジアンタムが、スパティフィラムの方に枝葉を伸ばしてますよね!!

新芽が、スパティフィラムの方に、近寄っていっています。

なんて健気な姿なんでしょう!

さらに、こちらが、育て始めてから6日目の様子です。

Img_0050





よーく、見てくださいね!

アジアンタムがさらに枝葉を伸ばしていますよね!!

これはもう、確実にアジアンタムはスパティフィラムに絡みつこうとしています。

さらに!

スパティフィラムの葉を見てください。

3日目のと比べると、アジアンタムの方向に葉が向いてますよね。





・・・お互いに近づこうとしているわけですよ。

まさに、観葉植物同士の友情です!!

すばらしいと思いませんか?

何か理由はよく分かりませんが、私は感動したんです。

こいつら、立派に成長してるなあと。





ちなみに、ポトスとサンセベリアは放置してます・・・

だって、全然手がかからないんだもの。

手がかかる子のほうがかわいいっていうのは、きっとこういうことなんでしょうね。



| | コメント (12) | トラックバック (0)

新たな仲間のアジアンタムとスパティフィラム

私の今の部屋は畳なんですが、その畳がもう大分傷んでるんです。

畳が傷むと、足の裏についた「い草」があちこちに散らばっちゃうんです。

なので、昨日は父、母とホームセンターに畳の上から敷くビニールシートを買いに行きました。

本当はフローリングにしたいんですが、すぐには無理だし、ずっと実家にいるわけでもないので、応急処置です。

ところで、ビニールシートでも、いろいろあるんですね。

防音機能までついたものもありました。

でも、私は畳の傷を隠せればいいので、一番安いのを買いました。

これで、最初の用事は終わり。





でも、ホームセンターっていろいろあるので、つい長居してしまうんですよ。

まずは、ペットコーナー。

見ないわけにはいきません!!

だって、図書館で犬図鑑を借りてくるくらい、私はわんこが好きになってしまったのだから!

まずは、子犬。

ダックスフンド、柴犬、ゴールデンレトリバー、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャテリア、トイプードル、パピヨン。

ほとんど小型犬ですね。

僕は小型犬なら、ノーリッチテリアかマルチーズが好きです。

そして、このホームセンターにいるわんこの中だと、柴犬かゴールデンレトリバーですね。

父は、熱心に柴犬を見てました。

母は、犬嫌いなのでどっかに行ってました・・・。

次に、子猫。

アメリカンショートヘア、スコティッシュフォールド、ロシアンブルー。

わんこもかわいいですが、アメリカンショートヘアもいいです。

猫もいいなあ、両方飼っちゃうか! なんて、妄想していました。

妄想が終わり、ふと父のほうを見ると、知らないおじいさんと話してます。

後で、父から聞くと、そのおじいさんは「この柴はいかん」と言っていたので、父は理由を訊ねたらしいんですね。

おじいさんは、犬関係の仕事をしているらしく、父にいい柴犬の見分け方を伝授したそうです。

目の位置とか、おでこの角度とかいろいろあるらしいです。






でも、伝授されたからって、わんこはすぐには飼えないので、次は観葉植物コーナーを見に行きました。

既に、私の部屋にはいくつか観葉植物があります。

こちらです。

Img_0045

Img_0042_2

Img_0044

Img_0043









左上から右に、ポトス2つ、サンセベリア・ハニーで、左下のはアイビーという観葉植物です(ちなみに、下の薄茶色のフローリングっぽいのが買ったビニールシートです)。

どれも、すごく丈夫です。

水のやり過ぎや、冬の寒さにさえ気をつければ、枯れません。

特に、サンセベリア・ハニーはめちゃめちゃ丈夫ですよ。

私は、「ぽとす」と名乗ってますけど、最初は「さんせべりあ」にしようかと思ってました。

ただ、さんせべりあだと長いので、ぽとすにしたんですけどね。





でも、こんな丈夫な種類ばっかりではおもしろくありません。

なので、ちょっと弱々しい、育てるのが難しい種類の観葉植物を買いました。

夏っぽいのをセレクトしました。

こちらです。

Img_0027 Img_0040









左から、スパティフィラム、アジアンタムです。

スパティフィラムは、過去に育てて見事に枯らしたことがあります。

アジアンタムは、母も何度か育てたことがあるらしいのですが、弱くてすぐに枯れるそうです。

ネットで観葉植物について調べると、ポトス、サンスベリア・ハニーは超簡単、アイビーは簡単、スパティフィラムは普通、アジアンタムはやや難しいとありました。

これは、挑戦のしがいがありますよね!

特に、アジアンタムは、直射日光に弱く、乾燥にも弱い、土の水分がなくなってから水をあげたのでは遅い、葉水(葉っぱに水をかけてあげること)をこまめにしてあげるなど、注文の多い植物です。

これは、相当注意して見ておいてあげないといけませんね。

世話のしがいがあります。

私はうつ病になってから、わんこや猫もそうなんですが、植物も大好きになりました。

手のかかるアジアンタム、スパティフィラムも、どんとこい! って感じなんです。

毎日の楽しみが増えてよかったです。





写真からじゃ分からないんですが、スパティフィラムはいい香りがします。

今も、バニラっぽい甘い香りが部屋中に漂っています。

アジアンタムは、風が吹くと、さらさら揺れてとても涼しげです。

また、茎も細くて繊細で、見た目もきれいです。

観葉植物って、値段も手ごろだし、スペースもそれほどとらないので、次々にほしくなりますね。

胡蝶蘭やパキラ(これも一度枯らした)もほしいです。

まあ、買うのは当分がまんします。

でも、アイビーは茎から切って、水につけていると根っこがはえてくるらしいので、それもやってみたいんです(ポトスもこういうことできますよね)。

そのうち、部屋中、観葉植物だらけになってたりして。





| | コメント (22) | トラックバック (0)