映画・テレビ

共感できるドラマ「瞳」と「Around 40」

前回の記事で紹介したブログパーツ「KiTT」は、貼り付けてくださった方が何人もいるみたいで、紹介したかいがありました。

「疲労感」を感じている方が多いみたいで、そりゃそうだろうって感じですよね。

だって、うつ病ブログを書いていればそうなっちゃいますよ。





私は、毎朝、NHKの朝のドラマ「瞳」を見るのが習慣になっています。

瞳を見るために、遅くとも8時15分までは起きられています。

主人公の瞳(榮倉奈々)が、祖父の勝太郎(西田敏行)を助けながら、里親として成長していく姿を描いたドラマです。

そして、瞳は里親だけでなく、ダンスもやっており、こちらもドラマの一つの大きな筋になっています。

でも、私がこのドラマで一番好きなのは、登場人物たちが住んでいる下町の様子です。

月島、築地という東京の下町の人々。

昔ながらの付き合いが残っていて、温かさを感じます。

人と人の交流が自然にできて、その交流を大事にしている人たち。

私は、その姿を見ていると、心がほっとします。

おかずが余ったら、隣の家に持って行く。

隣の家の人たちも家族同然に付き合う。

毎日、笑顔でおはようと挨拶する。

誰かが落ち込んでいたら、心配し、励ます。

そういう人の交流を見ていると、私はなんだか嬉しくなるんですよね。

心のどこかで、人の温かさを求めているのかな、と思います。

そして、今、私が住んでいる実家では、父と母がいるし、父と母は近所の人たちと交流しています(下町の人たちほどじゃないにしても)。

私は、大学に入学したときからずっと1人暮らしを続けてきました。

長期休みには、実家に帰省はしていましたが、そのときはどこかお客さん扱いでした。

今のように、誰かと一緒に「生活」しているのは、本当に久しぶりのことです。

別にたいした生活じゃありません。

一緒に瞳を見ながら、母と朝ご飯を食べる。

夜になったら、そこに父も加わって夕ご飯を食べる。

休みの日は、車で評判のいいおいしい店に行き、ホームセンターで買い物をする。

だけど、そんな普通の「生活」が私のこころを元気にしている、と実感しています。

もちろん、大学時代や社会人時代に、彼女や友達はいました(今もいますよ)。

でも、家に帰ると1人だし、アパートの隣の部屋の人との交流もありませんでした。

私は、ずーっと、心の奥底では、日常的な普通な自然な、人との交流を求めていたんだな、と瞳を見ていて気がつきました。





あと、もう一つ見ているドラマがあります。

天海祐希さん主演のTBSドラマ「Around 40」です。

Around 40というのは、40才前後の人たちのことで、天海さんは39才の精神科医の役で出ています。

略して、Around 40はアラフォーというらしいです。

私は、Around 30(こちらは、略してアラサー)に入るか入らないか微妙な年なんですが、このドラマにも共感できます。

なぜかなあ、と考えてみたんですけど、一つ目の理由として、精神科医という役が特別視されてないからだと思います。

これまでだと、精神科医が登場すると、悲惨なまでの辛いドラマが多かった気がします。

その点、天海さんの精神科医は、自然体で普通です。

天海さんとくっついた臨床心理士(藤木直人)も、自然な感じです。

まあ、ここまできれいな先生とかっこいい心理士というのは不自然だけど、そこはドラマなので。

そして、2つ目の共感できる理由として、登場人物たちがこれからの人生をどうするのか、について葛藤していることがあります。

私も、うつ病になって、これからの人生どうしようかな、なんて考えたりしてますから。

現状を変えようと、自分の人生を何とかしようと、行動する登場人物たち。

でも、Around 40という年齢から、なかなか昔のように思いっきり動けない。

それでも、必死にもがきながら、何かに立ち向かう姿に自分を重ねてしまうんですね。

私がうつ病になったのは、なるべくしてなったのかな、と最近考えてます。

これまでの生き方が間違っていたわけじゃないけど、今までの生き方の結果、今の状態(うつ病)があるわけですから。

だから、何か自分を「変化」させなきゃいけないのかな、と漠然と考えています。

何をどう変えればいいのかは、まだ分かりません。

だけど、変える必要はあります。

Around 40の登場人物たちは、手探りながらも何かを変えようとしています。

私も、何かを変えていきたいと強く感じています。





どちらも、結構おもしろいと思うので、よかったら見てくださいね。

「瞳」のほうは、毎朝(日曜以外)やっているので、どうしても遅く起きてしまうという方に、おすすめです。

一度、見始めると続きが気になって、ちゃんと起きられるようになりますから。

それにしても、私がドラマを継続して見ているのって、4、5年ぶりかもしれません。

全然、ドラマに対して興味がなくなってましたから。

そんな私が勧めるんですから、2つのドラマ、全然おもしろくないってことはないと思いますよ。



| | コメント (18) | トラックバック (0)