« うつ病になりにくい人 | トップページ | 重力1.01倍の散歩 »

うつ病が治るってどういうこと?



とうとう、このテーマを書きます。

うつ病が治ることについて。

うつ病の治療というと、休養と薬という話をよく聞きます。

私もその通りだと思います。

うつの真っ只中のときは、休養と薬が必要不可欠です。

これは、どのうつ病の本を読んでも書いています。





ただ、うつ病を治すためには、これだけじゃ足りない気がします。

一つ目は、体全体の調子を整えること。

私は今、体操、ヨガ、散歩、ストレッチを毎日行っています。

1ヶ月くらい続けましたが、体の調子もいいし、体力もついてきました。

姿勢もよくなったし、血液の流れもいいし、バランス感覚もよくなってきました。

体を元気な状態にしてあげると、気持ちも上向きになることを実感できます。

例えば、姿勢。

あごを突き出して、背中を丸くして、うなだれるような姿勢をずっと続けてみてください。

何となく、気持ちが沈みます。

逆にあごをひき、背筋を伸ばすと、気持ちはしっかりしてきます。

そんな単純なことで・・・と思う方は一度試してみてください。

すぐ分かりますから。





次に、考え方、価値観を変えること。

有名なのは認知療法です。

他には、カウンセリングも有効なのかもしれません。

ただ、私は、自分で考えたり、模索するのが好きなので、自己流で考えていました。

あるがままの自分を受け入れるどんな自分でもかまわない が考えた結果です。

考えたからって、すぐには身につきません。

時々、あるがままの自分を受け入れられないときもあります。

でも、そういう状態になったとしても、後でそのことに気がつければいいんです。

少しずつ自分のものにできればいいんです。





この考え方のスタンスは、私だけの意見じゃ物足りないと思うので、いろんな方の意見を借ります。

・ 「戦う」とか「負けない」とか・・・ (まさ@茨木さんのブログ)

うつ病に対する気負いのなさが感じられて、参考になりました。

以前の私は、うつ病と戦う意識が強く、苦しんでいたように思います。

・ こんなツレでゴメンナサイ。 (文藝春秋 望月昭)

ツレうつのツレさんが書いたエッセイです。

回復過程についての章で、「気力を振り絞り、うつ病と闘い、勝つぞ!というスタンスでは病状が悪化したが、絶対に治らないと思うと、少しずつよくなっていくようだ」ということが書いてあります。

ツレさんは、うつ病に闘いを挑んでもよくない、と気が付かれたようです。

・ うつ病を体験した精神科医の処方せん (大月書店 蟻塚亮二)

うつ病を体験した精神科医のエッセイです。

この精神科医は次のように述べています。

「うつ病が治るとは、病気の前の状態に戻ることじゃない。

肩から力を抜いてもっと楽な生き方に変わることが、治ることだ。

病気になる前の肩肘張った自分に戻るだけなら、また同じ病気になる」

自らがうつ病になり、多くのうつ病患者を見てきた精神科医の言葉には説得力があります。





以前、うつ病を克服された方がテレビで「うつ病になって良かった。うつ病に感謝している」とおっしゃっていました。

私はそのテレビを見たとき、わりに辛い状態だったので、どういうことかさっぱり分かりませんでした。

今は何となく分かります。

きっと、その方は、うつ病になって自分なりに新しい価値観を発見したんだと思います。







|

« うつ病になりにくい人 | トップページ | 重力1.01倍の散歩 »

コメント

俺は鬱歴が長いので,精神面はそうかも知れないし違うかも知れないので,同意は出来ない気もする.
ただ,姿勢の件はそうかも知れない.俺はWii Fitをしていると体調が良くなる気がするもん.

投稿: HAWK2700 | 2008年8月10日 (日) 11時39分

初めまして、こんにちは。
私もうつ病になって何年にもなりますが、
最近やっと少しずつ考え方が変わってきました。
でも、ぽとすさんのように毎日体操やヨガなどを
継続することはまだまだです。
どのようにヨガとかをされているのですか?

投稿: kekeco | 2008年8月10日 (日) 12時25分

僕はこの病気の新人なので、これから投薬治療と休養を十分にとって、空っぽになった心の器にガソリンをちょっとずつちょっとずつ、満たすことから始めていこうと思ってます。うつ病を受入れることができるようになったのは進歩です。(このブログのおかげです)
ぽとすさんが言うように、最終的には、新しい価値観を持てるようになることがゴールかなと、今は何となく感じます。病気になる前の自分には戻れないのは事実だとしても、違う強さとか優しさを身につけ、きっと進化した自分がいるんじゃないかなと信じてます。

投稿: 新人 | 2008年8月10日 (日) 15時47分

こんばんは。

ぽとすさんは、新しい価値観を発見しましたか?

私はまだまだ見つけることが出来ませんね・・・・
「うつ」真っ最中といった感じです。

新しい価値観・・・・・どんな感じなんだろうなぁ?自分には見つけることが出来るのかなぁ~。。。。

投稿: とし@宮城 | 2008年8月10日 (日) 18時59分

あるがままの自分を受け入れること…ってよく言われますね。
どんな自分も認めて好きになる…。
でも、実際はなかなか難しいですね。
それができるようになるためにも私は『いいこと日記』というのを続けているのですがsweat01
まだまだ修行が足りませんcoldsweats01

投稿: ゆめ | 2008年8月10日 (日) 21時59分

おはようございます。
ブログ、引用いただきありがとうございます。

記事の内容を補足すると、自分にとってのうつ病の役割が分かったから、こんな記事を書いたのです。
何度か書きましたが、私はうつ病を発症しなかったら、かなり高い確率で「過労死」するような働き方をしてきました。
うつ病がブレーキとなってこれが防げた。
だから、この病気を恨む気持ちは全く無いのです。

投稿: まさ@茨木 | 2008年8月11日 (月) 07時28分

ぽとすさん、おはようございます。
今回のエントリー、まだ私の頭にはちょっと難しくて
全部は理解できなかったのですが、
体全体の調整が大切だということは、とても共感できます。
特に体力、私もこれまでこれを軽視してきたのですが、
デイケアに通うようになり、運動をするようになって、あきらかに
体力がついてきて、そしたら、何をするにも楽になりました。
日中起きている体力や気力も戻ってきつつあります。
やはり体力ってとても大切だなあって思っているところです。

投稿: ゆう | 2008年8月11日 (月) 07時54分

ぽとすさんの考えに共感です。
僕自身、うつ病になるべくしなった性格だと自負しております。その為、以前の状態に戻れば再発必至です。
ただ、分かっていても、価値観を変えるって難しいですね。
日々精進といったところでしょうか。

病気を患っている人は闘病していると書きますが、うつ病の場合は闘っちゃダメなんですね。参考になります。
メモメモ((φ...(-∀-*)イヒヒッ・・

投稿: dame-human | 2008年8月11日 (月) 13時07分

すごく参考になるエントリーでした。
ぽとすさんのように、私も思える日が、きっとくると思って、毎日を過ごしたいと思います。
ありがとうございます。

投稿: coco | 2008年8月12日 (火) 10時09分

>HAWK2700さん

はじめまして。

そうですね。
姿勢がよくなると気持ちも落ち着きますよね。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 13時51分

>kekeco さん

はじめまして。

僕が毎日運動できているのは、運動を楽しみながらやってるからだと思います。
きついものや、いやなものは続きませんから。
運動してみて、心地いいとか楽しいとか感じられるものを探してみてはどうでしょうか。

あと、運動量が増えすぎると持続する気にならないので、
物足りないくらい負荷の少ないものをやるといいと思います。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 13時55分

>新人さん

うつ病はれっきとした病気で、治療が必要だと思うと、
気持ちが楽になると思います。
病気として認めないと(自分も周りも)、逆に長引くということがあるんじゃないかと思います。

僕は偉そうに書いていますが、
考え方がまるっきり変わったわけじゃありません。
気がついただけです。
少しずつ変われればいいと思いますよ。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 13時59分

>とし@宮城さん

僕の新しい価値観は、「あるがままの自分を受け入れる」ということです。
でも、見つけただけで身についてはいません。

ただ、新しい価値観があったほうがいいというのは僕の考えなので、そんなものがなくてもうつが治る人もいると思います。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 14時01分

>ゆめさん

「いいこと日記」はいいですね。
自分のよい面が分かりますから。

ただ、僕は悪いことをしても、それはそれでいいと思ってます。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 14時03分

>まさ@茨木さん

また、引用させてもらいました。

過労死にストップをかけるものなら、
かなり重要な病気ですね。
僕にとってはそういう現実的な役割は見つかってません。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 14時06分

>ゆうさん

体力は大事ですよね。
一応、考え方と体力のことを書きましたが、
体力の必要性の方が自信があります(笑)
僕も以前まで軽視していました。

体が動かせると、いろんなことをやるのが楽だし、
自然と行動力も出てきますよね。
もちろん、働く上でも体力は欠かせませんし。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 14時09分

>dame-humanさん

うつと闘ってもいいのかもしれませんけど、
僕はそうじゃないと感じています。
個人差があると思いますよ。
ただ、あがいてもどうにもならないなあと思います。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 14時11分

>coco さん

あくまで、僕が書いたことは、自分に合った価値観です。
そもそも、本当は価値観なんて必要ないのかもしれません。
人それぞれだと思います。

でも、参考になったようでよかったです。

投稿: ぽとす | 2008年8月12日 (火) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/22894913

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病が治るってどういうこと?:

« うつ病になりにくい人 | トップページ | 重力1.01倍の散歩 »