« 抗うつ剤を100%信用する | トップページ | 睡眠過剰中・・・ »

「フィーリング Good ハンドブック」



「フィーリング Good ハンドブック   デビッド D.バーンズ著」

認知療法の本ですeye

「いやな気分よ、さようなら」の著者デビッド D.バーンズの第2弾です。

これも相当な分厚さですup

700Pもあります・・・sign02

自分で認知療法をやるには、練習形式になっていてすごくいい本です。

辞書みたいな分厚さですが、自分の好きなところだけピックアップして読めばいいと思いますsmile

私も全部は読めないですね。

うつ、不安、緊張、恐怖、コミュニケーションと幅広く書かれていています。





内容盛りだくさんですが、特にいいなと感じたのを、一つだけ紹介しますflair

「二重の基準技法」

これは、自分に対して批判的なことを言って(考えて)しまうとき、「自分に似ていて自分と同じ問題を抱える友人に何と言うだろうか」と自問する方法です。

これだけだと分かりにくいので、例を出しますね。

私はうつ病で7ヶ月も休職している。

睡眠もうまくとれていないし、体力も十分についていない。

これじゃ復職できない!

私は何てダメなんだ・・・

と考えたとします。

自罰的というか、批判的な考えですよねdespair

こう考えて、体力がついたり、睡眠が取れたり、復職できるならいいんですが。

たぶん、考えが自分を苦しめるだけな気がしますtyphoon

そこで、私と同じような状況の友人がいたとします。

私は友人に次のように言います。

あなたは、うつ病で7ヶ月休職してたんだ。

睡眠がうまくとれないと辛いだろうなと思う。

体力は少しずつつけていけばいいじゃない。

復職できるか不安だと思うけど、あなたなら大丈夫!

心配し過ぎなくていいよ。





このセリフをそのまま自分に言えばいいんです。

甘い考えなんでしょうか?

そうじゃありません。

大事な友人に向かって、「あなたは今のままじゃ復職できない! 全然ダメだね」とは言わないはずです。

どうにか、友人に復職してほしいと思うならこんなことは言いません。

こんなこと言っても、無意味だからですaries

逆効果になるかもしれませんrain

だから、私が本当に復職したいと願うなら、友人に言うことを私に言えばいいんですpaper





私がうまく説明しきれていない部分もあるかもしれません。

でも、この考え方には感心しましたshine

腑に落ちるとは、このことだな! って思いましたhappy01

「いやな気分よ、さようなら」

「フィーリング Good ハンドブック」

もう少し早く出会えていたらなと感じてますring








|

« 抗うつ剤を100%信用する | トップページ | 睡眠過剰中・・・ »

コメント

ぽとすさん 良い本に出合えてよかったですね。
今めぐり合えて良かったと考えましょうよ。

「二重の基準技法」ですか・・・
私も、何かあったときの参考にしたいと思います。
新しい考え方を教えていただき、ありがとうございます。

投稿: ヤス | 2008年8月31日 (日) 22時51分

ぽとすさん。相変わらず勉強してますねぇ~

私は自然療法で、100%ではないですけど主治医に頼ってます。。。

認知療法・自分を変える。。。なかなか簡単なことではないと思います。うまく自分の中でスイッチが切り替わればいいのかなぁ~と、思いますけど。私もなかなか頑固なので・・・・(笑)

投稿: とし@宮城 | 2008年9月 1日 (月) 05時57分

ぶ厚い本ですね。でも、参考になりそうです。認知療法今までストップしていたのですが、また始めてみようと思いました。

投稿: たけかな | 2008年9月 1日 (月) 13時25分

>ヤスさん

人によって役立つかどうか分かりませんが、
僕にとっては役立ちました。

実際の生活に活用できる本を見つけられて良かったです。

投稿: ぽとす | 2008年9月 1日 (月) 18時36分

>とし@宮城さん

考えを変えるのはそれほど難しいことじゃないですよ。
2週間認知療法を続けましたが、少しは楽になって来ました。

しばらくは続けてみようかなと思ってます。

投稿: ぽとす | 2008年9月 1日 (月) 18時39分

>たけかなさん

分厚いです・・・
でも、必要なところだけ読めばいいようになっていますよ。

投稿: ぽとす | 2008年9月 1日 (月) 18時40分

ぽとすさんこの本買われたんですか?
図書館になかったものですから。。

投稿: あんなです | 2008年9月 2日 (火) 14時26分

ぽとすさんこんばんは。
私も今リワークで認知療法やっています。
テキストは、大野裕先生の「こころが晴れるノート」です。
この本もなかなかわかりやすいですよ。
ご参考まで。

投稿: ゆう | 2008年9月 2日 (火) 18時13分

>あんなさん

フィーリングGoodハンドブックは買いましたよ。
いやな気分よ、さようならも買いました。

高かったです・・・

投稿: ぽとす | 2008年9月 2日 (火) 20時27分

>ゆうさん

ありがとうございます。

こころが晴れるノートも持っています。
認知療法を知ったのはこの本でした。

投稿: ぽとす | 2008年9月 2日 (火) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/23362107

この記事へのトラックバック一覧です: 「フィーリング Good ハンドブック」:

« 抗うつ剤を100%信用する | トップページ | 睡眠過剰中・・・ »