« 努力は報われないこともある | トップページ | 3000円の壁 »

意外に多い認知の歪み「すべき思考」



「いやな気分よ、さようなら」を使っての認知療法は5日目に入りました。

三日坊主は避けられたようです。

どうにか習慣化できそうです。

よかった、よかった。





なぜ続けられているかというと、認知療法が楽しいからです。

うつ病になってからずっと感じていたんですが、精神科の治療、カウンセリング、認知療法などに結構興味を持っています。

これは、自分の病気とは関係ない興味です。

今は、技術系の仕事をしていますが、学生の頃は技術系じゃないならカウンセラーになりたいと思っていました。





というわけで、分厚い(750ページもあります!)「いやな気分よ、さようなら」を読む気になっているんです。

ちなみに、まだ全部読めていませんが。

話が脱線しました。

認知療法では、自分の認知の歪みを知ることが重要になります。

私に多かった認知のゆがみは、「全か無か思考」「一般化のしすぎ」「結論の飛躍」「すべき思考」でした。

それぞれの説明は省きますが、意外だったのが「すべき思考」が多かったこと。





・ 朝はきちんと起きるべきだ

・ 復職に向けて努力すべきだ

・ 規則正しい生活をすべきだ

・ だらだらすべきじゃない

・・・いくらでも思いつくんです。

自分で自分の考え方を縛り付けているんですね。

非常に窮屈になります。

「すべき思考」で考えたことが、実際にできないと、やる気をなくしてしまう。

罪悪感さえ持ってしまう。

いい事なしです。





何とか少しずつでも、「すべき思考」はなくなってほしいんですけどね。

そのために、認知療法をこつこつやってみたいと思います。

どうなることやら。






|

« 努力は報われないこともある | トップページ | 3000円の壁 »

コメント

私がよく陥るのは、「must do」だ、と思ってました。
たぶん、「すべき思考」と同じことかな~と思います。
「~ねばならない」と思うことが、本当に自分には多いと思います。
この、自分への枷を取り払うことが出来たら、どんなに楽かなあと、つくづく思いますよね。

投稿: coco | 2008年8月21日 (木) 18時51分

私も続けていますが
やっぱり調子が悪い日ほど書けないんです。
認知療法は症状がある程度落ち着いていないと
出来ないっていうのは、あながち噂じゃないなって思いました。
調子が悪い時こそ書きたいんですけどね、
書くこと自体、考えることすら出来ないんです。

うちの先生が仰っていたのは、
ある程度一定の期間続けて、そしてどのパターンの思考が多いか
統計をとってみるのが良いそうですよ。
もしご存知ならお節介でごめんなさい^^;

投稿: 里絵 | 2008年8月21日 (木) 23時50分

身につまされます。

いつも間にか目標が『復職』になってしまっている自分。
本当は病気を治すこと。なんですけどね・・・・

あるべき姿。自分を今見失っているような気がしてなりません。

初心に帰らねば・・・

投稿: とし@宮城 | 2008年8月22日 (金) 06時04分

少し前までは、そういう環境に身をおいていたこともあって、常に~すべき、と思ってました。
それで当たり前なんだ、と。
でも、だんだんそれが出来なくなってきて、当たり前じゃなくなってきました。
最近はぐーたらな自分でも仕方ないって、少し思えるようになってきました。

投稿: ゆめ | 2008年8月22日 (金) 23時48分

ぽとすさん、こんばんは。

目標を持っていようと思うと、ついつい「○○しなくちゃ」っていう
思考になりがちですよね。
目標を立てると、それを達成することに目が行きがちで
プロセスをおろそかにして、結果ばかりを求めてしまって。

この病気じゃなくても、こういう考え方って必要だと
最近特に思います。
ジャンプしても届かないところには、何かを使って一歩一歩
近づいていくしかないんですもんねhappy01

投稿: もんきち | 2008年8月23日 (土) 00時36分

>coco さん

そうですね。
同じことです。

自分を縛り付ける考えを変える方法の一つが、
認知療法だと思いますよ。

投稿: ぽとす | 2008年8月23日 (土) 17時21分

>里絵さん

調子が悪いと書く行為が難しいかもしれませんね。
でも、調子が悪いときほど、認知を変えたいですよね。

統計をとるのは知りませんでした。
自分の傾向が分かりますよね。

投稿: ぽとす | 2008年8月23日 (土) 17時24分

>とし@宮城さん

復職しても病気のままだったら苦しいですからね。
ゆっくりいきましょう。
病気が治ってから働くのがいいと思いますよ。

投稿: ぽとす | 2008年8月23日 (土) 17時26分

>ゆめさん

ぐーたらのほうが、楽に生きられますよね。
~すべきというのは、窮屈で息苦しいです。

すべきことなんて本来はないのかなあと思います。

投稿: ぽとす | 2008年8月23日 (土) 17時28分

>もんきちさん

病気じゃなくても、自分を追い込むような考えはなくしたいですね。
人生は苦しむためにあるんじゃないですから。
楽しく生きたいですよね。

投稿: ぽとす | 2008年8月23日 (土) 17時30分

3日坊主にならなくてよかったです。(^^)
認知療法は「こういう考え方もあるのか」と参考になりますからいいですよね。ついつい気持ちが落ち込みやすい病気ですからね。

投稿: たけかな | 2008年8月24日 (日) 14時51分

>たけかなさん

3日の壁を超えれば、後は意外と続くものですね。
習慣にして考え方が変わればいいなと思います。

投稿: ぽとす | 2008年8月24日 (日) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/23136902

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に多い認知の歪み「すべき思考」:

« 努力は報われないこともある | トップページ | 3000円の壁 »