« 周りの評価を気にしすぎ | トップページ | うつ病になる前の自分を覚えていますか »

悲観的な心


しつこいですが、暑いですね・・・

私は、暑さにすごく弱いので、今の季節はこたえます。

その分、寒さには強くて、私の祖先は寒い地方に住んでいたんじゃないかと思います。

こればっかりはどうしようもないですね。

本人のがんばりでどうしようもないことは、さっさと諦めて、暑がっているのが一番です。





先日は、「周りの評価を気にしすぎ」ということを書きました。

その続編みたいな内容になります。

ぽとすの内面をさらけ出すシリーズ。

暗いですが、よかったら読んでください。

今度は、「悲観的な心」。





私は休職中で、時々会社の方との連絡が必要になります。

今は、メールが連絡の手段です。

月に1、2回メールのやり取りをしてます。

この前、こんな返事が来ました。

「承知しました、ぽとすさんの書類が届いたら処理しておきます」

この返事を読んで、皆さんはどのように感じますか?

私は次のように感じました。

(いつもに比べて、メールの返事が短い)

(何か失礼なことを言ってしまったのだろうか)

(相手は、怒っているんじゃないだろうか)

(突き放された感じがする、冷たい)

(休職が長すぎて、あきれているんだろうか)

(もう会社に戻れないかも・・・)

いつもに比べて、メールの返事が短いというのは、事実です。

実際、いつもはもう少し長いですから。

でも、それ以外は、全て私の心の中で起こった妄想に過ぎません。

しかも、徹底的に悲観的な妄想。

根拠もなにもありませんよね。




このことに気がついて、びっくりしました。

なんて歪んだ捉え方なんだろうって。

次のようにも考えられます。

(いつもに比べてメールの返事が短い)

1.(仕事が忙しいんだろうな)

2.(あまり、あれこれ書くと、ぽとすを疲れさすから短いメールにしたという気遣いかも)

3.(今回は用件を伝えたかっただけなんだろうな)

どれでもいいですが、これらの妄想なら、もうこれ以上思い悩むことはありません。

あえて、妄想と書きましたが、1~3も、事実かどうかは分からない。

相手が怒っているという妄想が事実かもしれない。

ただ、分かっているのは、いつもよりメールが短かったということだけ。

常識的に考えると、1、3あたりが妥当なのかもしれません。

でも、それは事実かどうかは分かりませんよね。





じゃあ、どうするのか?

もう、考えないことにしました。

考えて(妄想して)分からないことは考えない。

客観的な事実のみを見て、他の部分は考えない。

これくらいの心構えでちょうどいいのかなと思います。

なぜかっていうと、私の脳はあれこれ悲観的なことを考え付くのが得意で好きみたいですから。

認知療法だと1~3あたりの考え方もあるよ、ってことなんでしょうが、そんな器用なことは私には難しいです。

考えないほうが、まだ簡単なんですよ。

それでも、考えてしまいますが・・・





極度に悲観的な妄想が、うつ病になった原因の一つだったってことは可能性としてありえます。

こんな妄想してたら、疲れますもん。

強烈な妄想癖を持ちつつ、今まで生きてこられたなあと、逆に感心しました。





|

« 周りの評価を気にしすぎ | トップページ | うつ病になる前の自分を覚えていますか »

コメント

ぽとすさん、こんにちは。

縦の繋がりではなく、横の繋がりが幅広い会社ならば
ぽとすさんの妄想(?)が出てきても当然だと思います。
以前ぽとすさんが書かれていた記事では、会社の方は
とっても鬱病に理解があると言う感じで、横の繋がりも
しっかりした会社と言うイメージでした。
だから、今回のメールの短かさには違和感を感じますよね。。
なんか、僕も寂しい感じがしました。

僕も結構、悲観的になる時期がありまして、
そこから・・というよりも、鬱状態になった結果自分を
責めた時期もありました。
もうずいぶん前のことなんですけどね。。
気にしないのが一番なんですけど、当事者にとっては、
なかなかそう思うのは難しいですよね・・。

投稿: ハピィぱぱ | 2008年7月 8日 (火) 14時10分

こんにちは。

私もたま~に会社とメールしますね。相手は事務の女の子^^;

まぁ、内容は事務的なことばかりなので、短文の時もありますよ。その時は、こちらの状況とか軽く冗談とか突っ込んで返信してやります。

メールなので、はっきりとした意思は伝わりにくいですけどね。。。

投稿: とし@宮城 | 2008年7月 8日 (火) 16時20分

こんにちは。

妄想ではなく、認知の歪みとカウンセラーなら答えるでしょうけど、考えてしまうのは止められません。

私の場合、「ばかばかしい」と思って、そのことを忘れます。
「殺されるわけではない」と本気で何事も考えているので、都合の悪い考えは無視しているのです。

投稿: まさ@茨木 | 2008年7月 8日 (火) 17時08分

なんだか、ぽとすさんのそのメールを読んだ時のお気持ちがすごくよく分かります。
なぜなら私、ネガティブ思考だから。
特に調子が良くないときはその傾向が強いです。

いつも一緒に居る夫には「なんでそんなにひがみっぽくなっちゃったの?」と言われます。
なんでって言われてもわからない。
だってそれ私にとっての「普通の思考回路」なんだもの。

うつのなせる業なのか、ひがみっぽい性格がうつを招いたのか・・・

投稿: やまぶき | 2008年7月 8日 (火) 17時32分

ぽとすさん、こんばんは。

気持ち、すごーくよく分かります。
僕もものすごい頑固な妄想癖の持ち主ですから。

前に自分のブログに書きましたけど
図書館の目の前の席に女の子が紙袋を置いてどこかへ
行ったきり戻ってこないときに
「時限爆弾かも」
と思ったら、それが爆発したあとの阿鼻叫喚の地獄絵図が
頭の中をグルグル回って怖くなってウチに帰っちゃった
くらいですから。しかも高校生の時に(笑)

ぽとすさんのおっしゃる通り、事実は書いた本人に聞かなくちゃ
絶対に分からないし、時間が経ってしまえば本人にだって
ハッキリ分からなくなっちゃう程度のことなんですよね。

僕も、妄想癖が鬱のキッカケの一つかなと思っています。
でも、他の人には無い「広がり」を脳みその中に持っていると
思って、気をつけつつ楽しんで妄想しましょう!

投稿: もんきち | 2008年7月 8日 (火) 21時45分

おはようございます。

気持ち、すごく分かります。
もの凄く悲観的になってしまうのは、鬱病だからですよ。

私は病気になる前は超がつくほどのポジティブ人間でした。
病気になってからネガティブになり、そのギャップに驚き、
耐えられませんでした。
今は「病気だから」と割り切ってますが。

メールって表情とか声の感じとか分からないので、特に
色々と考えてしまいますよね?
会社の方は鬱病に理解のある方とのこと。
あまり余計なことを書いて、ぽとすさんを混乱させないように
アッサリとした文章になってしまったのかもしれません。
今は深く考えることはお休みしておきましょう。
考えても相手の気持ちは分かりませんからね。

投稿: hikaru | 2008年7月 9日 (水) 06時00分

ぽとすさん、こんにちは。お気持ち、すごくわかります。私もネガティブ思考が強く、くよくよ思い悩みます。
発病したころ読んだ『「うつ」に陥っているあなたへ』という本に同じようなことが書いてあり、あぁ私のことだ、と妙に納得したのを覚えてます。私はネガティブになりそうな時は、思考中断してます。「ま、多分大したことないよ、よくわかんないけど」って感じです。で、いつの間にか忘れるようにしてます。あんまり根本的な解決ではないのかもしれませんが…。

投稿: みぃゆ | 2008年7月 9日 (水) 14時32分

ぽとすさん、こんにちは。
ぽとすさんの気持ちブログ読ませていただいて、よ〜くわかりました。
私も一つ何か変わったことがあると、ぐるぐると勝手な妄想に走ってしまい、疲れ果てる時があります。
最近は、なるべく「ま、いいか。実際はどうかわからんし」って思って、あまり白黒つけないようにしています。
それでもぐるぐる思考になってしまうときはありますけどね。

投稿: ぼく | 2008年7月 9日 (水) 18時36分

>ハピィぱぱさん

ぱぱさんも、あのメールの短さは寂しく感じましたか。
そうなんですよね。
ちょっと寂しいというのが本音なんですけど、
本当の所はよく分からないとしておくのが、
心の衛生上一番いいのかなと思います。

うつ状態ではあれこれ考えてしまいがちですよね。
ただ、健康になったらそれじゃ困るのかなと考えているんです。
変化というほどのものでなくていいので、
何かきっかけみたいなものはつかみたいです。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 10時57分

>とし@宮城さん

メールはどうしても、意思が伝わりにくい部分はありますよね。
それはもうどうしようもないことです。
特に、短いメールだとなおさら。

会って話してみると、どうってことなかったりするんですけどね。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時00分

>まさ@茨木さん

生きる、死ぬことを考えると、ほとんどのことは小さいどうでもいいことになりますよね。
考えることを中断する、いい方法ですね。

僕はもう考えない! と言い聞かせて考えないようにしてます。
最初から、何も考えないようになれたらいいんですが。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時04分

>やまぶきさん

ネガティブが先か、うつが先か・・・
うつ状態だと、どうしても考え方は悪い方に向かいますよね。
それはもう病気を治すしかないので、どうしようもないことだと思います。

ただ、健康になったときどうかってことですよね。
旦那さんが「ひがみっぽくなっちゃった」とおっしゃてるということは、元々はひがみっぽくなかったってことじゃないでしょうか。
だから、病気が治れば、改善する部分もあると思いますよ。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時09分

>もんきちさん

時限爆弾事件の記事は読みましたよ。
なんというか、そこまでの妄想ができるんだ、と思いました。
僕も相当な妄想癖がありますが、もんきちさんには負けるかも。

ただ、おっしゃられているように、妄想というのは武器にもなりうるものですよね。
想像力が必要となる作家は、うつ病になっている方が多いそうです。
妄想(良くいえば想像力)が得意な人は、うつ病になり易い分、他で得しているのかもしれないですね。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時13分

>hikaru さん

ポジティブからネガティブに変わると辛いんだろうなと思います。
病気の影響なんでしょうね。
僕の場合、元々ネガティブ傾向があるんです。
なので、100%病気のせいじゃないんです。

メールのことはあれこれ考えてしまいましたが、
今はもう思考をストップさせています。
考えてもどうしようもないですもんね。
ありがとうございます。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時16分

>みぃゆさん

くよくよしてきた思考を中断するのっていいと思います。
考えても仕方ないことを考え続けて疲労するより、
かなり建設的な方法ですよ。
僕も、考え始めたら、考えるのをストップするようにしています。

問題って次々と起こってきて、それに全部対応してたらきりがないと思うんですよ。
だから、根本的な解決じゃなくてもいいんです。
全部、解決してしまおうとすると、しんどくなっちゃいます。
大抵のことは時間が解決してくれると思いますよ。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時19分

>ぼくさん

ぐるぐる思考。
いやな思考ですよね。
これは、気がつかないうちに、頭を支配していつまでも止まらないんですよね。
やっかいなやつです。

それに対抗できる「ま、いいか」はいいですね。
僕の場合は「考えるの、やめ!やめ!」です。
人それぞれですけど、ぐるぐる思考が止まれば大分楽になりますよね。

投稿: ぽとす | 2008年7月10日 (木) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/22151360

この記事へのトラックバック一覧です: 悲観的な心:

« 周りの評価を気にしすぎ | トップページ | うつ病になる前の自分を覚えていますか »