« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

呼吸でココロが落ち着く


私の呼吸はあまりいいものではありませんでした。

緊張したり、ドキドキすると、肩で息をしてしまい、呼吸が浅くなる。

呼吸が浅くなると、酸素が足りなくて、さらに浅い呼吸を数多く行ってしまう。

緊張やドキドキは増すばかりです。





最近、ヨガを始めました。

ヨガは呼吸法を大事にしています。

だいたいのヨガの本には、呼吸のことが書いてあります。

その中でも、呼吸について詳しく書いてあった「深い呼吸でからだが変わる」という本を見ながら、ヨガを行っています。

かなり、いいですよ。

まず、呼吸が深くなります。

呼吸が深いと、心拍数が下がります。

ココロに落ち着きが出てきます。

復職のことや将来が不安になってきたら、深い呼吸。

すぅーっと落ち着きます。





呼吸は生命を維持する活動なのに、自分の意思でコントロールできる。

血液の流れ、栄養の吸収はコントロールできない。

コントロールできる呼吸を、きちんとコントロールすると、生命力というかエネルギーというか不思議に力が出てきます。





また、これも不思議なんですが、深い呼吸をすると、あれこれ頭で考えることがばかばかしくなります。

細かいことはどうでもよくなるんです。

でも、頭がぼおっとするんじゃなくて、むしろ頭はしっかりします。

深い呼吸で体に取り入れる酸素量が増えるからだと思います。





ヨガを知れたのは、うつ病になってよかったことの一つですね。

病気にならなきゃ、ヨガは一生やっていないと思います。








| | コメント (8) | トラックバック (0)

復職に向けて焦ってる?


前回の通院で、復職の話をしました。

調子も大分落ち着いてきたので、復職してもいいんじゃないかって思ってます。

「働かなきゃいけない」じゃなくて、「働いてもいいかな」という感覚。

主治医から見ても、今の具合なら、復職を考えていってもいいとのこと。





復職するために、体力を戻す必要がある。

これまでも、自分でヨガや体操や自転車乗りをやってました。

ただ、これだけじゃ足りないと思い、昨日スポーツジムの見学に行きました。

ランニング、自転車、ウォーキング、筋トレ、水泳、ヨガ、エアロビなどなど。

ジムに行く前は、その場で申し込もうと銀行の印鑑まで持って行っていましたが、どうもやる気が起こらない。

同じ行為の繰り返しに耐えられない、もくもくとトレーニングするのができない。

じゃあ、なんでジムに行ったんでしょう・・・

焦っているのか?





次に、数ヶ月間、親と主治医としか話してないので、会話能力が落ちている気がしました。

仕事に行ったら、人と話しますからね。

それで、友達と遊ぶことを考えました。

急に職場の人と話すより、話しやすい友達と話せばいいんじゃないかと。

でも、友達はあくまで友達。

話しやすいです。

職場の人と話すより、かなり楽です。

なので、デイケアをネットで検索しました。

保健所が開催しているデイケアを見つけました。

週1回、レクリエーションや話し合いがあるそうです。

電話で話を聞いてから、参加するかどうか決めるつもりです。

でも、これだけじゃ物足りない気がする。

うーん、やはり焦ってるかもしれない。





ちなみに、数日前から始めた睡眠薬をなくす計画も、復職のため。

睡眠薬を飲むと、翌日眠いので、会社に行くまでになくしたい。





ここまで書いて分かったんですが、明らかに気持ちが焦っている。

空回り気味。

何でもかんでもやろうとして、よく分からなくなっている。

欲張りすぎなんでしょうね。

一つずつしかできないし、焦っても仕方ない。





体力作りは、今まで通り、体操やヨガや自転車で続ける。

可能であれば運動量を少しずつ増やす。

コミュニケーション不足は、少しずつやっていく。

無理はしない。

会うだけじゃなく、電話でも話をする。

一気に何でもやろうとせず、できることだけをやる。





久しぶりに、自分の気持ちを整理するためにブログを書きました。

おかげですっきりしました。

だいたい、できないことまで手を出そうとしてやっぱりできなくて、焦って空回りしてたんじゃ、ウツになる前と同じ。

できることだけをやる。

それでいいと思います。





| | コメント (12) | トラックバック (0)

暑さは睡眠の敵


昨日は、特別に暑かったです。

体温以上の気温でした。

室内で、じっとしていても、汗が出てきました。

生きているだけで、どんどん脂肪を燃やしている感じがしました。

実際、体重を計ってみると、1kgもやせてました・・・。





今、私は睡眠薬を無くす計画実行中です。

主治医いわく、睡眠薬を止めると数日は眠れなくなるらしいです。

依存性がないと言っても、少しはあるってことですね。

なので、睡眠薬の種類を変えたり、量を減らしたり、服用するのを2日に1回にしたりしてます。

おかげで、眠れません・・・。

しかも、この暑さ。

眠れないのに拍車をかけています。

暑さで眠れないのか、睡眠薬を無くして眠れないのか。

たぶん、両方ですね。





睡眠薬を、減らして無くすのであれば、夏はよろしくないようです。

秋、冬のように眠りやすい季節がいいですね。

ただ、私はせっかく睡眠薬を無くす方向で動いているので、このままやってみるつもりです。




| | コメント (16) | トラックバック (0)

あるがままの自分を受け入れる


今日は、朝の5時頃目が覚めました。

起きたとき、なぜか心がさわやか。

久しぶりに味わう感覚です。

そして、突然、「自分の全てを、自分で受け入れられたら、すごく楽なんじゃないか。これからはそうしていこう」と思い始めました。

なぜ、そんなことを思い始めたのか、さっぱり分かりません。

さわやかな夢でも見てたのかな。





突如、心に浮かんだ「あるがままの自分を受け入れる」ということ。

寝起きのぼんやりした頭で考えていました。

仕事で失敗して上司に怒られてもいい。

うつ病になって休職しててもいい。

近眼でメガネをかけててもいい。

ビンボーでもいい。

ともかく、どんな自分でもいい。

すると、心がすごく楽になりました。





これまで、全然自分を認めていなかったってことですね。

私の中に批判者がいて、常に私を批判していたのかも。

緊張しまくりの人生です。

成功しても、楽しくても、批判は止まりませんから。





自分を受け入れた気持ちでいると、他人に対しても寛容になれます。

気持ちにゆとりが出てくるというか。

何なんでしょうね、突然わき出てきたこの感情。

感情って何か出来事があって変化して来たから、こんな風に朝起きたら突然起こってきた感情って不思議です。

まあ、何はともあれ、あるがままの自分を受け入れられたら、こんなに楽なことはありません。

誰かに勝ったり、目標を達成したり、なりたい自分になったり、お金を儲けたりするより、気楽に人生を生きたいと思っているのです。





| | コメント (14) | トラックバック (0)

体を楽にさせてあげる


以前、ぽとす流ダイエット生活という記事で、ダイエットをしていることを書きました。

まだまだ継続してますよ。

基本的に行っているのは、体重を毎日記録する、夕食は食べ過ぎない、夕食後は食べないです。

前回は1ヶ月で1kg減っていましたが、今は3週間で2kg減りました。

減り方が早くなっています。





ただ、私は元々ぽっちゃりしてます。

「標準」と「やや太り気味」の境目くらいのぽっちゃり度です。

体重を落としやすい体ではあります。

今は、次第に適正な体重に近づいて行っている感覚があります。

痩せるというよりも、体が求める状態になるという感じです。

なので、近頃、体の動きがよい気がします。

体が軽いんですね。





でも、目標みたいなものは作っていません。

以前は作っていましたが、止めました。

目標を作ると達成できないときに、がっかりしてしまうからです。

こういうことは楽しんでやらないと。

体重が減っていたらラッキーで、減っていなくてもそれが普通くらいに思っておけば、がっかりはしませんよね。

体が楽になる感覚、体が軽い感覚があるのは楽しいです。

楽しいと続けられる。





以前はダイエットと書きましたが、今は「体を楽にさせてあげる」という感覚の方が強いです。

体が重いと、骨盤、腰に余計な負荷がかかりますから。





| | コメント (10) | トラックバック (0)

考え事をするのに最適な場所


休職生活を送っていると、あれこれ頭の中で考え込んでしまいますgawk

復職のことや病気のことやいろいろですね。

ただ、家の中で、考え出すと止まらなくなり、さらに悲観的に考えてしまいますweep

そうすると、気持ちは沈むし、いいことなんてありません。

考えているというよりも、悩んでいる状態になりますdespair

復職のことを具体的に考えるのは必要かもしれませんが、悩んだって仕方ありません。

自分がしんどいだけ。





それで、私は考えるのを止めました。

家の中では考えないことにしました。

知らない間に、意味のない悩む作業になっているから。

頭に何か浮かんでいることに気がついたら、中断させる。





私が考えるのは、自転車に乗っているときですbicycle

これは、なかなかよい方法です。

昼間は暑いので夕方頃、近所を自転車で30分くらい移動するんです。

ペダルをこぐという動作と周りの風景の変化のおかげで、考えがぐちぐちした悩みに変わりませんconfident

少し汗も出てくるので、ぐちぐちした悩みなんて考えてられない。





悩んでも解決しないことを、悩んでも仕方ないんです。

当たり前のことですが、これが今までできていなかった。

ストレスがたまってしまうのは当然です。





私の経験上、太陽が沈んだ後に、考え事をするのはよくありませんnight

考えるなら、太陽が出ている間、しかも体を動かしながらがいいと思います。

日曜日の昼間にテニスをしながら、ぐちぐち悩みは思いつきませんからtennis






| | コメント (14) | トラックバック (0)

睡眠の質を向上させるには


思いッきりイイテレビで放送していたんですが、午後11時~午前3時の睡眠中に成長ホルモンが分泌されるそうです。

成長ホルモンは、古い細胞と新しい細胞を入れ替える大事な作用があるらしいです。

また、この時間帯は決まっているもので、他の時間帯には成長ホルモンは分泌されないらしいです。

私は睡眠剤が処方されていない頃、眠れずに午前2、3時頃に寝ていました。

これだと、成長ホルモンは出ておらず、よくない睡眠だったんですね。





最近は、サイレース 0.5 mg 、デジレル 25 mg の組み合わせで寝ていましたが、時々目が覚めるし、翌日に眠気が残ってしまっていました。

翌日に眠気が残るのはやっかいです。

ぼんやり頭では活動できないので、復職するとき困ります。

なので、昨日はデジレル 25 mg のみ服用して寝てみました。





寝つきはよかったものの、3時、4時半、5時半に目が覚めました。

5時半に目が覚めた後は、眠いのに眠れませんでした・・・

眠いまま朝食を食べましたが、どうにもこうにも眠い。

これだったら、サイレース 0.5 mg 飲んで翌日眠気が残っているほうがましです。

おかげで、9時から2時間朝寝をしました。





いい睡眠をとるのは難しいですね。

とりあえず、今日はちゃんと眠りたいので、サイレース 0.5 mg にして、明日はサイレース 0.25 mg を試してみようと思います。

薬をなくすことが目標じゃなくて、いい睡眠を取れるように調節していきたいです。





ところで、最近、心がどっしり、落ち着いていると思ったら、「emo」が不思議ちゃんからボスになっていました。

ほんとに、落ち着いてきたのかなあ。





| | コメント (18) | トラックバック (1)

おいしいトマト


暑い日が続いてますね。

ようやく中国、近畿地方も梅雨明けしたそうです。

同じ中国地方の山口県は、かなり前に梅雨明けしてたのに、不思議ですね。

いったい梅雨明けの基準ってどんなものなんでしょう。





最近、両親が庭で育てた野菜を食べています。

トマトを食べました。

これです。

Tomato








形は悪いし、皮は硬かったです。

でも、すごくおいしかったです。

何て言ったらいいんでしょう。

トマトの味が濃く、トマトの味がしっかりしてます。

ちゃんと酸っぱく、ちゃんと甘い。





昔に比べて今は、野菜のミネラル分が大きく下がっているそうです。

20年前に比べて、ほうれん草のビタミンCが半分になっているという記事をネットで見つけました。

悲しいことじゃないですか。

ちゃんとした物を食べたいですよね。

食べることは生きるために必要な大事な行為ですから。





| | コメント (12) | トラックバック (0)

通院の細かい話


昨日から、テレビの調子が悪くなっています。

時々、音だけ出て、映像が映らない状態になります。

ラジオみたいですね。

今朝は音だけで、NHKの朝ドラ「瞳」を見ました。

映像がなくても、想像力を駆使すれば、流れは分かるものですね。

これはこれで、ちょっと面白いかもと思いました。





先週の金曜日は通院でした。

休職期限がそろそろ切れちゃうので、期限を延長しましょうってことになりました。

傍で見ている家族にも、私の様子を聞いたんですが、「回復はしてきたけど、復職はまだ早いんじゃないかな」とのことでした。

というわけで、復職は延長してもらうように会社にメールを出しておきました。

焦らないということと、休職期限があるということのバランスが難しいですね。





睡眠剤の量を自分で調整していいかという話もしました。

サイレース1mg を半分の0.5mg もしくは飲まないにしてもいいそうです。

今まできっちり1mg 飲んでいたのですが、翌日に眠気が残っちゃうんですよね。

復職のことを考えると、睡眠剤は無しにしておきたいんですよ。

さっそく0.5mg で試していますが、今のところ眠れています。

不思議なことに1mg と大差ありません。

そのうち、飲まないってこともやってみようかなと思います。





後は、抗うつ剤の飲み方を変えてもらいました。

量や種類は同じままです。

朝、昼、夕の3回を朝、夕の2回にしました。

復職を考えると昼に飲むのが面倒だからです。

それに、昼は飲むのを忘れそうですからね。





抗うつ剤は、ウツが治ったときの同量を半年~1年くらい、もしくは3、4年と服用したほうが、再発しにくいそうです。

あちこちのウツ本で見かけました。

本当かどうかは、自分の体で試してみるしかありませんが、私は治っても1年は飲み続けようと思ってます。

主治医にもそう話してます。

ちょっと疑ってるのは、飲み続けたほうが製薬会社が儲かるじゃんって思ったからです・・・

疑いすぎでしょうか。

ただ、薬を飲んでいれば、ウツのことを忘れません。

ウツのことを忘れちゃうと、ウツになっちゃう可能性も上がりそうですよね。

喉もと過ぎても、ウツのことは忘れちゃいけないんです。





先ほど、テレビをつけたら、映像も映ったので、瞳の昼の再放送を見ました。

ほぼ想像していた通りの映像でした。

想像力って偉大ですね。

それとも、瞳の脚本に慣れてきただけなのか・・・



| | コメント (20) | トラックバック (0)

うつ病になる前の自分を覚えていますか


最近、強気というか、心がどっしりしたというか、少し攻撃的というか、そういう感じなんです。

例えば、前は、本屋で店員に本を探してもらうお願いをするのですら、びびっていて緊張していました。

それが、妙に堂々と落ち着いて店員に接することができている。

例えば、家族との会話でも、申し訳ないという気持が強く、口数も少なかったんです。

それが、口数も増え、からかったり、少し攻撃的になったりしています。





時々、皆さんのブログで、抗うつ剤が効きすぎて、躁状態になるという話を見かけます。

私の場合もそうなのか。

抗うつ剤を増量してもらって2週間が過ぎたあたりから、強気になったので計算は合います。

それとも、元々の元気なときに、近づきつつあるだけなのか。

区別がつかないんです。

なぜか?

うつ病になる以前の自分の感覚を忘れちゃったからです。

もちろん、大人しい性格だったなあとか、人前で話すのは得意じゃなかったなあとか、言葉で表現できることは覚えていますよ。

でも、感覚的な部分は、覚えていません。





というより、うつ病になって、回復したとして、元の自分に戻るんでしょうか。

戻らないと思います。

本当に調子が悪かったときは、かなりしんどかった。

頭もまわらずに、おかしなことばかり考えていた。

会社も休んで、家でじっとしていた。

こういう体験をしているから、まるっきり同じ状態には戻らないでしょうね。

それに、健康な人でも、時間が過ぎれば多少の変化はありますし。





そういうわけで、この強気な気持ちは、うつ病経験によって自分の内面が変化したからなのか、抗うつ剤の効きすぎで躁状態なのか、元々の健康な状態に戻りつつあるのか、全然分からないんです・・・

まあ、躁状態ってほど動き回ったりハイになっているわけじゃないので、大丈夫だと思いますが、少し気になります。





最後に、全然関係ないですが、この前撮った写真を載せますね。

午後7時頃の夕焼けです。

きれいですよね。

Img_0069







| | コメント (30) | トラックバック (1)

悲観的な心


しつこいですが、暑いですね・・・

私は、暑さにすごく弱いので、今の季節はこたえます。

その分、寒さには強くて、私の祖先は寒い地方に住んでいたんじゃないかと思います。

こればっかりはどうしようもないですね。

本人のがんばりでどうしようもないことは、さっさと諦めて、暑がっているのが一番です。





先日は、「周りの評価を気にしすぎ」ということを書きました。

その続編みたいな内容になります。

ぽとすの内面をさらけ出すシリーズ。

暗いですが、よかったら読んでください。

今度は、「悲観的な心」。





私は休職中で、時々会社の方との連絡が必要になります。

今は、メールが連絡の手段です。

月に1、2回メールのやり取りをしてます。

この前、こんな返事が来ました。

「承知しました、ぽとすさんの書類が届いたら処理しておきます」

この返事を読んで、皆さんはどのように感じますか?

私は次のように感じました。

(いつもに比べて、メールの返事が短い)

(何か失礼なことを言ってしまったのだろうか)

(相手は、怒っているんじゃないだろうか)

(突き放された感じがする、冷たい)

(休職が長すぎて、あきれているんだろうか)

(もう会社に戻れないかも・・・)

いつもに比べて、メールの返事が短いというのは、事実です。

実際、いつもはもう少し長いですから。

でも、それ以外は、全て私の心の中で起こった妄想に過ぎません。

しかも、徹底的に悲観的な妄想。

根拠もなにもありませんよね。




このことに気がついて、びっくりしました。

なんて歪んだ捉え方なんだろうって。

次のようにも考えられます。

(いつもに比べてメールの返事が短い)

1.(仕事が忙しいんだろうな)

2.(あまり、あれこれ書くと、ぽとすを疲れさすから短いメールにしたという気遣いかも)

3.(今回は用件を伝えたかっただけなんだろうな)

どれでもいいですが、これらの妄想なら、もうこれ以上思い悩むことはありません。

あえて、妄想と書きましたが、1~3も、事実かどうかは分からない。

相手が怒っているという妄想が事実かもしれない。

ただ、分かっているのは、いつもよりメールが短かったということだけ。

常識的に考えると、1、3あたりが妥当なのかもしれません。

でも、それは事実かどうかは分かりませんよね。





じゃあ、どうするのか?

もう、考えないことにしました。

考えて(妄想して)分からないことは考えない。

客観的な事実のみを見て、他の部分は考えない。

これくらいの心構えでちょうどいいのかなと思います。

なぜかっていうと、私の脳はあれこれ悲観的なことを考え付くのが得意で好きみたいですから。

認知療法だと1~3あたりの考え方もあるよ、ってことなんでしょうが、そんな器用なことは私には難しいです。

考えないほうが、まだ簡単なんですよ。

それでも、考えてしまいますが・・・





極度に悲観的な妄想が、うつ病になった原因の一つだったってことは可能性としてありえます。

こんな妄想してたら、疲れますもん。

強烈な妄想癖を持ちつつ、今まで生きてこられたなあと、逆に感心しました。





| | コメント (16) | トラックバック (0)

周りの評価を気にしすぎ


暑いですね!!

自分の部屋は、日当たり良好な2階部屋なんですが、さっき温度計を見たら34℃にもなっていました。

熱がこもっています。

植物たちもちょっと元気がなくなっているのもいます。

暑さで今まで以上に成長してるたくましい植物もいますけどね。

パソコンも少し生ぬるい温かさがあります。





これまでうつ病になった原因を、外的要因でしか考えていませんでした。

職場の環境、人間関係、転職などなど。

でも、本当にそれだけ?

周囲のせいにしすぎじゃない?

と思いました。

それでも、あまり自分側の原因を考えると、しんどいこともあって今まで考えずに過ごしてきました。

でも、考えずにはいられません。






暑い中、あれこれ考えました。

これまでの人生をずーっと振り返りました。

小学校から社会人まで全部です。

すると、一つの共通点が見えてきました。

社会的評価、つまり地位や学歴や名誉やお金というものを強く気にして生きてきた。

具体的に言うと、自分の入った学校のレベル、成績、収入、会社の大きさ、会社のポジションです。

これまで、そのことに心のどこかで気がつきながら、気がつかないふりをしてたように思います。

なぜ、気がつかないふりをしていたのか?

私がそれを自分で認めたくなかったから。

認めることができない弱さがあったから。

認めることで、こころが少しすっきりしました。

これまで、ずーっと自分のことを騙してきたわけですから。

友達が自分より大きな会社に内定をもらったら羨ましがることを、素直に認められずに生きてきたわけです。

だけど、そういう社会的評価を、気にする人間なんだと素直に受け入れられれば、こころは楽になります。






社会的評価を気にし過ぎると、すごく疲れます。

いつもいつも高い評価なんて得られません。

そもそもの能力から考えても、無理があります。

自分で作り上げた評価基準(=社会的評価)で、自分を苦しめる。





じゃあ、すぐにこの基準を変えられるかっていうと、難しいです。

でも、自分の内面に気がつけただけでも、前進です。





| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »