« アジアンタムとスパティフィラムの友情 | トップページ | 観葉植物アジアンタムに感情移入するうつ病患者 »

ドラマ「Around 40」から学ぶうつ病回復

先週の金曜日、いつものようにAround 40(天海祐希さん主演のドラマ)を見ました。

私、完全に天海祐希ファンになりました!

ここに宣言します!

「何言ってるんだ、この子は」と我ながら思いますが、まあいいじゃないですか。

何度も書いていますが、天海さんは精神科医(緒方聡子)の役。

先週の回では、天海さんが市民フォーラムで、精神科医として発表をすることになりました。

その発表のための資料を作っているシーンで、どこかで見たことがある図が出てきました。

うつ病は、「不安・イライラ」→「ゆううつ」→「おっくう」の順番で症状が消えていくという図です。





どこで見たかというと、現在通院しているメンタルクリニックです!

全く同じ図だったのでびっくりしました~!

今のクリニックの初診時に、主治医が

「この順番で症状は消えていくんです。

だから、おっくう感が消えずになかなか治らないと焦る方がいますが、そうじゃないんですよ。

おっくう感は最後まで残りますからね」

と説明してくれました。

まさに、そのときの図が、Around 40で登場したのでびっくりです!

だって、この図、今まで読んだ多くのうつ病の本で、見たことありませんから。

今の主治医の経験による理論かと思っていました・・・

精神科の世界では常識的なことなのかな。

ただ、ドラマに図が出てきたのは、一瞬のことだったので、ぼんやり見ていたら、見逃していたはずです。

冒頭で宣言した通り、私が天海祐希さんのファンになったから、見逃さなかったのだと思いますよ~!

・・・今日は暑すぎて、書いている文章が乱れてますね。

まあ、よしとしましょう。





そして、私は、今まさに、おっくう感たっぷりの生活を送っています。

以前感じていたような異常な不安感は、ほとんどなくなりました。

ここ2週間、頓服のソラナックスを飲んでませんから。

ただ、おっくうで仕方ありません。

ブログを書き始めたら、書けます。

一度外出したら、しばらく外出していられます。

本も読み始めたら、読めます。

Wii のデカスポルタをやり始めたら、30分くらいはやってられます。

でも、何かを始めるということが、まさにおっくうなんですよ。

なかなか開始できません。






ゆううつ感も、多少はあります。

でも、それよりも、おっくうな気持ちがこころを支配しています。

主治医と天海さんを信じるならば、回復傾向ということになりますね。

まあ、二人が言うんだから、そうなのかな。

治っていると思ってたほうが、気分がいいじゃないですか。

だからといって、「じゃあ、復職だ! 復職に向けて計画を立てるぞ~」と張り切るとだめですよね。

これまで、張り切って何度だまされたことか。

もうだまされませんよ。

私だって、学習能力はあるんです。

「いつかはうつ病は治るかも。でも、一生治らないかも。もし、うつ病が治ったらラッキー! 仮に治らなくても別にいいじゃん」

これくらいのスタンスがちょうどいいんです。

4ヵ月半の休職で学びました。






う~、それにしても、今日は暑いですね。

夕方近いというのに、部屋が熱帯雨林のようです。

もわもわした熱気が充満しています。

座っているだけでカロリーを消費している感じがあります。

きっと、観葉植物たちは喜んでるでしょうね。

そういえば、また日曜日にホームセンターで観葉植物をいくつか買いました。

今の所、9種類の観葉植物が部屋に置いてあります。

そろそろ、趣味は観葉植物を育てることと言ってもいいかもしれませんね。

その話は、また次回にでも。

暑い~!!




|

« アジアンタムとスパティフィラムの友情 | トップページ | 観葉植物アジアンタムに感情移入するうつ病患者 »

コメント

ぽとすさんお久しぶりです。
英検受検まではブログにタッチしないと決めたんですが、
なんとなくネットをしながら遊びに来ちゃいました^^

「不安・イライラ」→「ゆううつ」→「おっくう」の順番で
回復していくんですね。
僕に確実にあるのはおっくう感なので、まだ鬱病なのかな。。
自分では治ってきていると思うんですけどね^^;

ホント、鬱病が治ったらラッキーですね^^

投稿: ハピィぱぱ | 2008年6月10日 (火) 17時25分

ぽとすさん、こんばんは。
テレビだけは、なぜか拒否反応があって
まだ克服されずにいます(汗)
ドラマ、ぽとすさんお勧めなんですね^^
うつ病の回復の順番とかを読んでいて
なるほどって思いました。やり始めるまでが
大変ですよね、うんうんと頷きながら読みました。
今日は、本当に暑いですー。
観葉植物たちは喜んでいるでしょうか^^
また、いろんなお話、聞かせてください。

投稿: あおぞら | 2008年6月10日 (火) 18時10分

そうなんだ!
不安はまだありますが、おっくうはかなり減りました。


うーん、よくなってるのかな。
考えない、考えないさ。

投稿: J | 2008年6月10日 (火) 18時41分

ぽとす部屋ジャングル化計画してますね(笑)

復職についてですが、やっぱり騙されますよね。
なんか、私の周りが復職ムードになってきているので、
非常に心配です。
もちろん回復傾向にはありますよ。でも、不安定で波があるのも確かなんです。

主治医もやっぱりダメかも・・・・浮気しちゃおうかな?

投稿: とし@宮城 | 2008年6月10日 (火) 19時31分

「おっくう」な感じがすごくひどいことがあって、そのことに罪悪感を感じたりしていたのですが、良くなっている証拠だと思ったら、すっと心が軽くなりました。
どうもありがとうございます。

投稿: 熊五郎 | 2008年6月10日 (火) 21時07分

私もまだまだTVは見れません(汗)
バレーだけは、旦那くんや次女が大好きだし
私も興味があったので見ましたが、
でもあまり長い時間、TV画面を見れないのです。
だからドラマが見れるようになったり、
見たい!って思えるようになったら、
また第一歩を踏み出した証になるんでしょうね。
読書もそうでしたから。

観葉植物、ぽとすさんが復職されたときには
育てるのが大変そうですね^^;

投稿: 里絵 | 2008年6月10日 (火) 23時13分

「うつ病が治ったらラッキー!」ってスタンス、私も好きですよ。私も今はそんな感じかも。
しかしおっくう感かぁ。まだまだ残ってますね。
まぁ、それでも治ってきてると思えば、気持ちも楽になります。
ありがとうございます。

投稿: ぼく | 2008年6月11日 (水) 11時39分

私も億劫感が、なかなか消えません。でも、回復傾向だと思えば、明るい気持ちになれそうです。

投稿: みぃゆ | 2008年6月11日 (水) 14時29分

前に書かせていただきましたが、私が運動を始めたのが4月。

ほんの2ヶ月前です。

私のうつ病、何度も再発してますが、回復も早い。

それでも、1年かかって、やっとおっくう感が取れた。

何か特殊なことをしたわけではなく、自然に任せただけです。

うつ病の厄介さは、治そうと焦れば回復が遅れること。

ぽとすさんはいい感じだと思います。

投稿: まさ@茨木 | 2008年6月11日 (水) 16時55分

ぽとすさんこんばんは。
私は7月から復職する予定だけどやっぱり億劫感だけは少し残っている感じですかね。復職への不安はもともと「ない」と言ったらうそになるしこれは諦めています。
ぽとすさんもだいぶ調子が良さそうで何よりです。このまま無理しないで療養しましょうね。「いつかは」治る病気だと思ってね。

投稿: まりぱる | 2008年6月11日 (水) 20時32分

こんにちは。遅れてしまいましてすみません。ドラマでは鬱病のことのついてもやっていたこと知りませんでした。でも、偶然先生が用意した図式がドラマに出てくるのは驚きですね。今後時間があったらみてみようと思います。

投稿: たけかな | 2008年6月12日 (木) 10時26分

>ハピィぱぱさん

英検まで、もう少しなんですよね。
気晴らしにネットもいいんじゃないですか。
ずーっと勉強しっぱなしは、疲れちゃいますよ。

おっくう感があるなら、うつ病だと思いますよ。
まあ、医者じゃないので適当なことは言えないけど。
うつ病だっていいじゃないですか。
まあ、治ればそれにこしたことはないですけどね。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時40分

>あおぞらさん

人によって、できないことって違いますからね。
僕も車の運転は未だに苦手なままです。
そのうち、テレビも見られるようになりますよ。

Around40はオススメですよ~!
重すぎず軽すぎず、楽しいドラマです。
精神科医や臨床心理士が出てくるのも興味がありますし。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時44分

>Jさん

うつ病の症状は人それぞれでしょうから。
そんなに気にしないでくださいね。
あくまで参考程度に。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時49分

>とし@宮城さん

としさんのブログ読みましたよ。
主治医は、変えてもいいんじゃないでしょうか。
我慢しながらの通院は辛いですよ。

復職は、焦らないほうが結果としていい方向にいくと思います。
周りのムードにながされずに、自分の体のことをまず大事にしてくださいね。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時52分

>熊五郎さん

おっくう感はうつ病でよくある症状ですよ。
罪悪感なんて持たなくていいと思います。
そのうち、おっくうもどこかに行ってくれるはずです~

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時54分

>里絵さん

僕も、これが見たい! と思ってAround40を見始めたわけじゃないですよ。
ただ、なんとなく見ていたら、おもしろくなっただけです。
バレーも見られているなら、少しずつ興味の範囲が広がってきてるんじゃないでしょうか。

ちなみに、バレーは6月下旬から、また別の大会が放送されるみたいですよ。
僕はもちろん見ます。
里絵さん一家でも見るんでしょうね。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時57分

>ぼくさん

うつ病に対して気合を入れすぎると、空回りするっていうことを、身を持って学んできましたから。
気楽にしていたほうが、回復も早いみたいですし。
うつ病が治らなくても、日々生活できているだけで、十分幸せなのかなとも思います。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 10時59分

>みぃゆさん

そうですね。
回復しているんだと思っていたほうが、
気が楽なはずです。
あまり、自分で考え込まないほうがいいですよ。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 11時00分

>まさ@茨木さん

治そうとしても、焦って、回復が遅れる。
まささんの実体験からの話なので説得力がありますね。

それでも、おっくう感はなかなかとれないものなんですね。
最後の砦みたいなものなんでしょうか・・・
まあ、このおっくうさを、着合いで消すことは無理そうなので、
流れに身を任せます。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 11時03分

>まりぱるさん

復職は7月からなんですね。
不安は・・・どうしてもあると思います。
自分が復職するときのことを考えても、
不安になるのは想像できますから。

最初は無理なく、少しずつ負荷を大きくしていって、
仕事に慣れていってくださいね。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 11時05分

>たけかなさん

Around 40では、ほとんどうつ病のことや精神科の話は出てきませんよ。
メインは40才前後の人たちの、悩みや葛藤を描いたドラマですから。
でも、たまに主人公の天海さんの役柄、精神科の話もちょろっとだけ出てきます。

投稿: ぽとす | 2008年6月12日 (木) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/21542155

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「Around 40」から学ぶうつ病回復:

« アジアンタムとスパティフィラムの友情 | トップページ | 観葉植物アジアンタムに感情移入するうつ病患者 »