« 頭が、くわんくわん | トップページ | 睡眠中に暴れる男 »

うつ病を体験された木の実ナナさん

こんばんは。

近所の工事音から身を守るため、耳栓を試してみることにしました。

一定の効果はありますが、耳に物を詰め込んでいることがストレスになって、疲労感、頭痛が出てきてしまいました。

やっぱり、図書館しかないですね!!

でも、疲労感から、えい!っと外に出かける気力が起こらないのが問題ですけど。






先日、NHKの”スタジオパークからこんにちは”という番組に木の実ナナさんが出演していました。

NHKの朝ドラ「瞳」に出演しているからでしょうね。

木の実ナナさんは、46才の頃、更年期からのうつ病を患ったそうです。

恥ずかしながら、私がうつ病になったことにより初めて知りました。

でも、今は元気溌剌としており、「瞳」でも元気な居酒屋の女将役を演じています。





スタジオパークからこんにちはでは、木の実ナナさんの持ち物を紹介していました。

実にいろんな物を持ってらっしゃる。

寝るときに、布団に散りばめる星(蛍光塗料で光る)、家族の写真、アイマスク、雨や波の音を聞くためのCD、いろんなおもちゃ・・・etc.

一つ一つの物を紹介するとき、ナナさんはとても楽しそうでした。

うまく表現できませんが、自分で自分を幸せにすることが上手な人だな、と思いました。

そして、ナナさんの傍にいるとこちらまで、元気で幸せになれるんじゃないかなとも思いました。

テレビの画面からも伝わってくるくらい、エネルギーに満ち溢れた方でした。

また、50才からスキューバーダイビングを始められたそうです。

なかなかできることじゃないですよね。

でも、それができた。






ここからは、私の想像なんですが、うつ病を乗り越えたから、「自分で自分を楽しく幸せにすることができる」「エネルギーに満ち溢れた」人になれたのかなと思いました。

病気を体験することで「何か」の変化は人それぞれ起こるんじゃないかと思っています。

木の実ナナさんの場合が、うつ病患者全員に当てはまるとは思いません。

ただ、「何か」変わることがあるはずです。





私は、まだうつ病の状態ですが、それでも少しだけ、前の自分からはシフトしているんじゃないかと感じています。

一つは、「感謝の気持ち」が強くなりました。

生きていること、家族、友達、楽しいことや嬉しいこと、多くのことに感謝できるようになってきた気がしています。

今日、一日生きられたことへの感謝、なんてこれまで考えたこともありませんでした。

こういう思いが、自分の内から出てきたことに少し驚いています。

とは言っても、感謝を忘れることも、あります。

でも、確実に、「感謝の気持ち」は以前より強くなりました。






もう一つは、「自分を許す、認めること」です。

うつ病である自分を許す、働いていない自分にOKを出す。

どんな状態であれ、自分を認めて受け入れる。

こちらは、まだ実感として、掴みきれていません。

まだまだって感じです。

頭の中でもごちゃごちゃしています。

許すってどういうこと? と分からないことだらけです。

ただ、これは、必要なことなんだろうなと漠然と感じています。

今は感じられるようになっただけでもいいのかな、としています。






ちょっと、とりとめのない感じになりましたが、今のところの自分をメモしておきたかったので、書いてみました。

でも、本当に大事なことは、言葉にならないのかもしれませんね。





|

« 頭が、くわんくわん | トップページ | 睡眠中に暴れる男 »

コメント

最近「うつ」とか「精神病関係」などを扱った番組が多いですね。メディアでも関心を持ってるのかな?って思ってます。

私はどうなのかなぁ~・・・前の自分と今の自分。意識して変わってるようには思えないんですよ。
妻あたりは気付いてるのかな?って思いますけど^^;

投稿: とし@宮城 | 2008年6月26日 (木) 09時25分

私も鬱になってから「何か」が変わった気がします。
落ち込むこともあるけど、日常生活で鬱になってからできたことに対して喜びを感じるようになりました。
木の実ナナさん、素敵ですね。私も見習いたいです。

投稿: たけかな | 2008年6月26日 (木) 14時30分

確実に時間の流れ方が変わりましたね。
それに伴い、幅広くモノをみるように、考えるように、心がけるようになりました。
もっともっといろんな部分での変化はあると思いますが、まだまだこれから変わって行くんじゃないかなぁって気もします。
っていうか、変わりたい!(笑)

投稿: ぼく | 2008年6月26日 (木) 19時17分

それぞれ個人差があるものの、うつ病を患って
木の実ナナさんのように、今、元気溌剌としていられる方を
見ると、とても嬉しいですね^^
私も、病気になってから、自分が変化するための過程と
捉えられるようになりました。
あるがままの自分を受け入れる、とても大切なことですよね。

投稿: あおぞら | 2008年6月26日 (木) 20時55分

木の実ナナさん、私もうつ病と診断されて、「NHKのうつ病サポート情報室」というサイトを見るまではうつ病だったということを存じ上げませんでした。
本当に笑顔が素敵な方だなと思います。
私も少しづつ変わっていけたらいいなと思います。

投稿: 熊五郎 | 2008年6月26日 (木) 21時34分

ぽとすさんこんばんは。
うつになって変わったこと・・・、やっぱり自分を否定していては前に進まないことに気がついたことでしょうかね。
やっぱり十分な休養がそれには必要なんですね。
今度私は職場復帰しますが、どれだけ以前の自分と変わったか、自分で自分を眺めたいと思っています。

投稿: まりぱる | 2008年6月26日 (木) 22時39分

ぽとすさん、こんにちは。
うつ病をきっかけに、発病前とは違う自分になりたい、なれるかも、と思い始めました。長い人生の中での、ちょうどいい自分を見直す機会だったのでは、と。
木の実ナナさんのように、うつから回復して溌剌としている方をみると、励みになりますよね。

投稿: みぃゆ | 2008年6月27日 (金) 14時42分

こんにちは。
木の実ナナさんのことは知りませんでした。

普通に生活して普通に過ごすことができるのは、ありがたいな~と思いますね。
うつに限らず、病気を経験すると、価値観が変わるような気がしますhappy01

投稿: ゆめ | 2008年6月27日 (金) 18時00分

>とし@宮城さん

その番組は特にうつについて取り上げていたわけじゃないですよ。
ゲストが木の実ナナさんだったんです。
どうしても、昔のうつの話も出てきてましたが。

たぶん、気がつかないところで何か変わってると思いますよ。

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時45分

>たけかなさん

木の実ナナさんは、元気溌剌としていて見ているのが楽しくなりました。
そんな風になりたいですよね。

変わっていく「何か」は人それぞれなんでしょうね。

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時47分

>ぼくさん

時間の流れ、そうですね。
見方が広くなると言うか大雑把になると言うか。
気長になりますよね。

他にもきっと変わる部分はあるはずです!

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時48分

>あおぞらさん

あるがままの自分。
本当にそれで満足できるようになれば、こんなに楽に生きられることはないと思います。
一歩ずつですね~

うつから回復された方を見るのは、勇気付けられますよね!

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時50分

>熊五郎さん

NHKのうつ病サポートのHPは充実してますよね。
芸能人の体験談や意見が聞けるのがいいです。
一通りの知識は、あのHPを見れば身につく気がします。

人それぞれの治し方や、治った後の変化があるのかなと思います。

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時51分

>まりぱるさん

7月に職場復帰されるんですよね。
自分を否定せずに、うまく軌道に乗れるといいですね。
僕は応援していますよ~!

自分を肯定的に見れると、いいんですが、
こころの中で嫌な何かが否定的に見ちゃうみたいです。

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時53分

>みぃゆさん

必要な休息時間ですよね、うつ病になったことは。
僕もそう思っています。
これまでの生き方でどこかひずみや無理があったから、
今はそれを見直しながら休む時間。

病気をきっかけに変わっていけたらいいですね。

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時55分

>ゆめさん

そうですね。
苦しい体験を乗り越えると、変わる気がします。
それは、病気だったら同じかもしれませんね。

木の実ナナさん以外にも、ネットで調べるといろんな有名人の方がうつ病だったと分かりますよ。

投稿: ぽとす | 2008年6月28日 (土) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/21887667

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病を体験された木の実ナナさん:

« 頭が、くわんくわん | トップページ | 睡眠中に暴れる男 »