« 共感できるドラマ「瞳」と「Around 40」 | トップページ | 精神科医の核心をついた言葉にどっきり、がっくり、すっきり »

「ツレがうつになりまして。」のツレさんのエッセイ紹介

「ツレがうつになりまして。」

「その後のツレがうつになりまして。」

うつ病の方なら、だいたいの方が知ってる本で、だいたいの本屋さんには置いてありますよね。

実際のうつ病生活を元に書かれているから、分かりやすい。

文字が少なく、絵がほんわかでかわいらしく、うつ病の人でも読みやすい。

そんな理由で、売れているんじゃないでしょうか。





この2冊の本は、ツレさんの奥さん(細川貂々(てんてん)さん)が書いた絵入りエッセイでした。

今回紹介する本は、てんてんさんが書いたものではなく、うつ病になったツレさんが書いたエッセイ。

では、簡単に本の紹介を。

本の名前:こんなツレでゴメンナサイ。 (なんで謝るんだろう・・・) 

著者:望月 昭 (ツレさんの名前です。ちょっとかっこいいな) 

画:細川 貂々 (ところどころ、てんてんさんの画が入ってます)

発行所:文藝春秋 (ツレさんエッセイと出版社のイメージが個人的に合わない気がします。なんとなくだけどね)

です。

えーと、価格は1,000円です。

250ページもあります。

基本的に、エッセイなので、文字が多いですが、文と文の隙間も広いです。

まあ、こんな感じですね。





それで、肝心の中身なんですけど、

1.うつ病あれこれ

2.うつ病の回復期

3.てんてんさんとの出会い

4.てんてんさんとの恋愛・結婚

5.てんてんさん・イグアナとの家庭生活

6.まとめ(その後のこととか、お勧めの本とかいろいろ)

って感じです。

私は、てんてんさんとの恋愛やら結婚話は、とりあえず後まわしにして、最初は1、2、6をだーっと読みました。

ツレさん、すごく文章力ありますよ。

表現豊かに、自分の症状や状態を書かれていました。

読みやすいです。

ただ、ちょっと理屈っぽいところもあるかなあ・・・。

中でも、特に私の心に残ったのは、「ツレさんが実はブログを書いていた」ということです!!

ほんと、びっくりしました~

ツレさんもブログを書いてたんですよ、私やこれを読んでくださっている皆さんと同じように。

そのブログの書き方が、また、すごいというか、なんというか。

でも、あまりここで内容について書いちゃうと、本を読む楽しみがなくなるので、この先は自分で読んでみてくださいね。

「ツレうつ」「その後のツレうつ」と併せて読むと、うつ病に対する二人の視点が違っていて、面白さ、分かりやすさ倍増ですよ。

後で読んだ3、4、5の二人の出会い、結婚、家庭話もおもしろかったです~。

ほんと、この二人はほんわかして、おもしろいなあと思いました。





ところで、私は、「こんなツレでゴメンナサイ。」を自分のブログで紹介したいことと、本の感想を書いて、てんてんさんにメールしたんです。

てんてんさん、お忙しいだろうに、メールを送った翌日にはどうぞ紹介してください、内容に触れてもいいですよ、とメールの返事をくれました。

ありがたいです~。

なので、今回は、てんてんさん公認紹介だ~! と勝手に気合を入れて、紹介させてもらいました。

これを読んだ皆さん、気合を入れた私の紹介で、「こんなツレでゴメンナサイ。」を読む気になったでしょうか?

ちょっぴり心配です。





今日は「こんなツレでゴメンナサイ。」で紹介されていたツレさんお勧めのうつ病本を図書館で借りてきました。

うん、なかなかよさそうな本です。

さすが、ツレさん。

でも、その本も秘密です。

自分で「こんなツレでゴメンナサイ。」を読んでみてください~。

・・・なんだか、いじわるしている気分になってきました。

まあ、いっか。

でも、買って損はしないと思いますので、読んでみてくださいね。

お金がもったいないという人は、図書館で借りて読んでみてくださいね。

私も最初、お金がもったいないと思ったので、図書館で予約しようとしましたが、10人待ちだったので、さっさと買いました。

そんなに待てませんよね。





|

« 共感できるドラマ「瞳」と「Around 40」 | トップページ | 精神科医の核心をついた言葉にどっきり、がっくり、すっきり »

コメント

こんにちは。

「こんなツレで・・・・」は本屋で見たことあります。立ち読みしようかな?って思ったら、文字がいっぱいで諦めました。「うつ」になりたての頃だったので・・・

とりあえず、「ツレうつ」「その後の・・」は買いましたよ。
上司にも買うように勧めておきました(笑)

投稿: とし@宮城 | 2008年5月29日 (木) 18時26分

ぽとすさん、こんばんは。

本の紹介、上手ですね!
今、ものすごく読みたくて、読みたくて
ウズウズしてます(笑)
「ツレうつ」「その後のツレ・・」は、私も読みました。
「こんなツレでごめんなさい」は、どういう内容なのかな?
と、気になっていたのですが、ぽとすさんの記事を読んで
ものすごく読みたくなりました。
どうしよう、気になって眠れないかも~(笑)

投稿: あおぞら | 2008年5月29日 (木) 19時50分

発売当初に私も買って読みました。ツレさんの文章力は私も驚かされました。鬱病の人の頭の中をよく書かれていると思いました。そして、ツレさんおすすめの鬱病の本を今読んでいます。いろいろと参考になっています。

投稿: たけかな | 2008年5月29日 (木) 21時27分

読む気になりました~ありがとうございます!

投稿: J | 2008年5月29日 (木) 22時50分

ちゃんとメールでお伺いを立てるぽとすさんも、それにちゃんとお返事をくれるてんてんさんも誠実ですねhappy01

本屋に行く元気があるときにのぞいてみますね。
ただ、一時と違って今はかなり大きな本屋さんに行かないとおいていないので…。
ネットで注文するのはあまり好きじゃないんですよね~。
もともと本好きなので、本屋は好きなんですけど、今は元気な時しか行けません…sweat02
日記を書いていた、とツレうつには書いてあったと思いますが、ブログもされていたんですねpc

投稿: ゆめ | 2008年5月29日 (木) 23時28分

「こんなツレでごめんなさい」すごく読みたくなったので、今日帰りに本屋さんで少し立ち読みしてきました。
本当に回復期のあのもどかしさをすごく上手く表現しておられました。
今日はお金がなかったので買えなかったのですが、ツレ様お勧めの本とあわせてゆっくり読みたいなと思いました。

投稿: 熊五郎 | 2008年5月30日 (金) 22時59分

ぽとすさん、こんばんは。
ツレさんの本、ずっと興味がありました。
そっか、もう出てたんですね。
ぽとすさんの解説を読んでいてますます読みたくなりました。
早々に探してきますね!

投稿: ぼく | 2008年5月31日 (土) 00時17分

>とし@宮城さん

上司にもツレうつを勧めたんですか!?
それは、すごいですね。
でも、僕も友達に押し付けて読んでもらいました。

確かに、こんなツレでゴメンナサイ。は文字が多いです。
ちょっと元気にならないと読めないのが欠点ですね。

投稿: ぽとす | 2008年5月31日 (土) 11時46分

>あおぞらさん

お~、見事に読みたくなってくれましたね(笑)
書いたかいがありました。
でも、役立つ本である自信があるので、
ぜひぜひ読んでみてくださいね。

投稿: ぽとす | 2008年5月31日 (土) 11時48分

>たけかなさん

さすが、早いですね~
発売から1ヶ月が過ぎてますもんね。

ツレさん、お勧めの本もいいのがいっぱいです。
本も下手なうつ病本を読むと落ち込むばっかりなので、
ああいうところで紹介してくれるとありがちですよね。

投稿: ぽとす | 2008年5月31日 (土) 11時50分

>Jさん

ほんとですか、よかったです!
春樹さん小説に比べたら、きっと楽々読めますよ(笑)

投稿: ぽとす | 2008年5月31日 (土) 11時51分

>ゆめさん

大きな本屋に行く機会があったら、読んでみてくださいね。
あ、でも、ゆめさんはツレうつで辛くなったんですよね・・・
もし、こんなツレでゴメンナサイ。でも辛くなりそうだったら、
読まないほうがいいのかも。

でも、読みやすいし、なにより患者視点なのがいいです。
なので、辛くない程度に読んでみてください~

投稿: ぽとす | 2008年5月31日 (土) 11時54分

>熊五郎さん

そうですよね。
ほんとに、回復期のところはうまくまとまってます。
あと、ツレさんがけっこう人間くさい部分がたくさんあって、
それも意外な感じがしました。

ツレさんお勧めの本・・・
これは大量にありますよね。
僕は図書館で借りるつもりです。

投稿: ぽとす | 2008年5月31日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/21267054

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツレがうつになりまして。」のツレさんのエッセイ紹介:

« 共感できるドラマ「瞳」と「Around 40」 | トップページ | 精神科医の核心をついた言葉にどっきり、がっくり、すっきり »