« コンクリートの隙間から | トップページ | 笑顔からもらえる幸せ »

必要なもの

今日は、私の住んでいる地方はいい天気でした。

半袖の服を着るほどじゃないけれど、長袖のシャツでは少し暑い。

ちょうどいい、好きな気候です。

せっかくの天気なので、昼頃から自転車に乗って、海を見に行きました。




自転車に乗っている間、いろいろ考え事をしました。

私にとって、本当に必要なものってなんだろうと。




午前中のうちに、携帯電話に登録している電話番号やメールアドレスを整理したんです。

もう連絡を取る可能性がない人、私が個人的に嫌いな人をじゃんじゃん消去しました。

消去した後、携帯電話に残っている人たちの一覧を眺めていました。

私にとってどうしても必要な人は10人でした。

できれば仲良く関係を続けたい人まで範囲を広げると、30人くらいです。

他の人はどちらでもいいんです、正直なところ。

これまで、どちらでもいい人に対して、必要以上に時間をかけすぎていたんじゃないか。

私は、そう感じました。

人生は限られた時間しかないのに、どちらでもいい人のために使う必要性なんて全くないはずです。

それなのに、そうしてこなかった。

なぜなんでしょうね。

きっと、自分の頭で物事を考えずに、ただ流されていたからですね。




自転車に乗って、考え事をしているうちに、瀬戸内海が見えるところまで辿り着きました。

平日の昼間に、海を眺めている人なんてほとんどいません。

私以外に数人しかいませんでした。

私にとって、海といえば瀬戸内海なんです。

瀬戸内海を見て育ったので、初めて湘南で、太平洋を見たとき変な感じがしました。

島がないし、めちゃめちゃ波が荒々しい。

これは海じゃないなあ、と思いました。

(れっきとした海なのにね。しかも太平洋のほうが断然大きいのに)

故郷に対する愛情がそういう感情を引き起こしたんだろうな、としみじみ感じました。

人によっては、故郷なんてどっちでもいいよ、っていう人もいるかもしれませんが、私にとっては故郷は大事なんです。

故郷も、私にとって必要なものの一つです。




海を眺め終わった後、私は遠くまで自転車で来て、さすがに疲れたので、家に戻りました。

そこで、残念な風景をいくつか見ました。

昔からあったおいしい定食屋が閉店していました。

あちこちに、新しいマンションが建って、街の雰囲気が変わっていました。

でも、これらはどうしようもないことなのかもしれません。

それぞれ、事情や必要性があってのことなのでしょうから。

でもね、これから書くことは本当に残念なことでした。

道のこちら側に、私、30代女性二人(ボランティアで小学生の帰る時間に立って、小学生の安全を守ろうとしている方々だと思う)がいる。

道の向こう側に小学1年生くらいの男の子が、道を横断するため手をあげて立っている。

クルマがやっと1台通れるような狭い道。

30代女性二人の方も「止まってあげなよ~」と言いながら、手をあげている。

それなのに、1台目のクルマは、止まらない。

2台目のクルマも止まらない。

やっと、3台目のクルマで止まって、小学生は道を横断することができた。

私は、こういうのがすごくすごく許せない。

1台目、2台目のクルマの運転手にどんな用事があるのか知らないが(どうせ大した用事じゃないんだろ!)、せいぜい5秒かそこらのもんでしょ。

それなのに、なぜ止まらない。

あんな狭い道で、道の両側から(小学生と30代女性二人が)手をあげているのに、気がつかない訳がない。

気がつかないなら、運転免許を返却したほうがいい。

これは本当に、情けないことなんだから。

小学1年生の男の子が手をあげているんだよ。

きっと、学校か親に、道を渡るときには、手をあげましょうと習ったんだと思う。

1台目、2台目のアホな男どもが老人になったときに、年金を払ってくれる子供なんだから(あ、これは怪しいか。既に崩壊しかかっているからなあ、年金制度)。

まあ、ともかく、全く、人の気持ちや人の立場が分からないアホは、本当に許せないということを言いたいんです。

想像力のかけらもない勝手なやつが許せないんです。

私が、キャプテン翼の日向小次郎だったら、ネオタイガーショットであの二台のクルマをぼこぼこに凹ませてやるところでしたよ。

その後、翼君のドライブシュートでボンネットの上から、クルマを凹ませてやりますよ。

・・・話がずいぶんずれましたが、最低限、人としての気持ちというか、優しさというか、正義感というか、うまく言えませんが、そういう気持ちはなくしたらダメだと思います。

これも、私が生きていく上で大事にしたい気持ちで、私にとって必要な気持ちです。

でも、こういうことでむきになる性格は、うつ病になりやすそうとも思うんですよね・・・。

「カワイそうなやつら、いつかどこかで事故を起こして死んじゃうな」

くらいに思えたほうがいいのかもしれませんね。




以上、必要な「人」、必要な「場所」、必要な「気持ち」を実感した一日でした。

これだけの、人、場所、気持ちを持っている私は、幸せだと思いました。

多くはないけれど、大切な人たち。

20年近くの思い出が詰まった場所。

人としてどうしても持っていたい気持ち。

これだけ、そろっていれば十分ですよね、生きていくのに必要なものたち。




|

« コンクリートの隙間から | トップページ | 笑顔からもらえる幸せ »

コメント

私の携帯電話のメモリ、本当に必要な人しか入ってません。
なので、本当に少ないです。
電話が苦手なので、主にメールでやり取りしますが。
自分にとって、付き合いは狭く深くになっちゃって
いるんだろうな~と思います。

瀬戸内海、見たことがありません。
私は横浜育ちなので、湘南の海しか見てませんが
きっと瀬戸内海の方が綺麗な海なのだろうなーと
思います。海が青いって、見たことないな。

思いやり、譲り合いの心が薄れてきちゃって
いるんでしょうね。自分が良ければそれでいい
車は、うちの方も全然止まってくれません。
歩行者優先なのに、何台目かでようやく止まってくれたり。
その時は、頭を下げますが、本当はこんなこと
しなくていいのにな~。法律では、歩行者優先なのに。
小学生や幼児が手をあげてる時は、絶対に止まって
優先して横断歩道をわたらしてほしいですね。

投稿: あおぞら | 2008年5月14日 (水) 21時11分

こんばんは。
私の携帯メモリも少数派です。
元々、沢山の友達付き合いが出来ない人間だったし
きっと不器用だから沢山の人と上手くは
人間関係を築けないんだろうなって思っています。

私も車を運転しますが、
確かに誰かが通るなら自分も、、、的な人は多いですね。
だけど、自分は譲ってあげれば良い。
譲れない人、譲らない人は、きっと同じことが
自分に返ってくるのだと私は思います。

投稿: 里絵 | 2008年5月14日 (水) 22時14分

こんばんは。

僕も、本当にずっと関係を保っていきたいと思える人は
10人くらいかもしれません。
本当の意味での友達なんて片手で足りるくらいです。
結婚したときに「たくさんの人のおかげで今日まで来られた」
と思ったことと矛盾するとは思いますが、きっとみんな
そんなものなんじゃないかなって僕は思います。

一台目と二台目の車のドライバーは、今頃突然の下痢にでも
襲われていることでしょう。

そうそう、僕のブログの説明文、なんだかとても
素敵な知的な感じに書いてもらっちゃって恐縮ですcoldsweats01

投稿: もんきち | 2008年5月14日 (水) 22時26分

私も・・・昨年でしたか、携帯のアドレス整理をしました。
かなり減りました。
本当に必要な人・・・身内意外では10人もいませんでした。
もちろん「必要?」と思ってもアドレスに残している人もいますが。
何回か段階に分けて整理しました。
明らかに連絡を取らなくなった人、その人のせいで症状が悪化する可能性がある人などなど。
そう考えると、本当に必要な人って少ないですね。

投稿: hikaru | 2008年5月14日 (水) 22時57分

僕も、嫌いな人のアドレスでも登録し続けてたりします。

でも、僕のモットーは「自分からは裏切らない」なので、
とりあえず全部残しています。。

車は、止まってあげて欲しいですね。
人助け・・じゃありませんが、そうゆうのは余裕がある人に
任せておけばいい・・という言葉を聴いたことがあります。
きっと、止まってあげられなかった方は心に余裕が無かったんでしょうね。

投稿: ハピィぱぱ | 2008年5月14日 (水) 23時48分

私の場合、海も、山も近くにあります。といっても車で20~39ふんですが・・・海よりも山の方が思い入れがあります。前回の「詩」でもあったように、山は変化があって色々教えてくれることが沢山あります。山を浄化しないと綺麗な水が出来ず綺麗な海にならないのです。
私の住む宮城は牡蠣の養殖が盛んなところですが、良質の牡蠣を作るため、山に木を植え河を綺麗にし、おいしい牡蠣を作っています。山から得るものは多いですね。。。
いずれにしても、後世に伝わるもの。自然は大切にしないと・・・って感じました。

投稿: とし | 2008年5月15日 (木) 04時42分

私の携帯メモリーは、仕事関係やらなんやらで、まったく電話しない人のものまで入ってます。整理するとするで、怖いってのが入ったままの理由。

生きていくのに、あとは適度なお金。
現実問題、コレが大きく圧し掛かってきてます。
一番大きいのは、マンションのローンがあるからかな。
お仕事探しも、このせいで、ある一定以上の収入のものを探さないといけないし、スキルアップもしないといけない。

うーん、実家に居た時より、プレッシャー度は高いです。

投稿: ぽいみん | 2008年5月15日 (木) 10時01分

必要な人、物事を整理できるのってすごいです。

今の私にはそれはできないな。

現状維持でいっぱいいっぱい。

いつかできるといいな。

投稿: J | 2008年5月15日 (木) 13時53分

自転車で海までいけるんですね。
いいですね~。
ウチは山は近くにありますがcoldsweats01

自然の中に自分の身をおくと、嫌なものを取り去ってくれるような気がしますね。

携帯のメモリーはほったらかしですsweat01
必要な人も、もう誰だか思い出せないような人もごちゃごちゃです…。

投稿: ゆめ | 2008年5月15日 (木) 23時57分

>「カワイそうなやつら、いつかどこかで事故を起こして死んじゃうな」
この気持ち分かります。法律が許してくれるならひきころしたい。

投稿: ぶぶぅ | 2008年5月16日 (金) 07時19分

>あおぞらさん

携帯のメモリは必要な人だけでいいですよね。
僕も深く狭く付き合うほうなので、メモリを見てたら、
うん、やっぱり交友範囲は狭いなあ、と感じました。
でも、それでいいと思うんですよね。
限られた時間。
広く浅く人と付き合うよりも、深く付き合ったほうが、
楽しいし有効な気がします。

ところで、湘南の海は憧れなんです。
かっこいいじゃないですか。
湘南って。
瀬戸内海にサーファーはいませんが、
湘南にはたくさんいますよね。

車に限らず、余裕ないんじゃないかって人は
多いと思います・・・
今は実家にいるんであまり感じませんが、
残念ながら東京や名古屋にいたときは、
みんな歩くのが早いし、何か焦っているように見えました。
まあ、僕はただの田舎ものです(笑)

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時04分

>里絵さん

そうですね。
車で譲らない人は、何かの形で返ってくると思います。
とまるくらいの余裕は持ちたいですよね。
だいたいそんなに、焦って運転する人って、
人相も悪い気がします(偏見かなあ・・・)。

ところで、すごーく、どうでもいいことなんですが、
いつも「りえさん」ってパソコンに入力すると、
「里恵さん」って先に出ちゃうんです。
なかなか「里絵さん」を覚えてくれないんです、家のパソコンは(笑)

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時08分

>もんきちさん

もんきちさんのブログの紹介はちょっと知的な感じですよね。
いいんです、実際知的ですから。
いつも、おもしろいところに着目しているなあと感じてました。

片手で足りるくらいの友人がいることが幸せなんだと思います。
30人も大親友がいるよ、と言われても、それは無理だろうな、
って感じがしますもん。

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時12分

>hikaru さん

hikaru さんも昨年に、携帯の整理したんですね。
病気の状態で、この人の名前見ただけで気分が悪くなる、
なんて人はじゃんじゃん消去するので正解ですよ~。
そもそも、人との付き合いなんて、自分が付き合いたい人とだけ
付き合えばいいんだと思います。(仕事だと無理ですけどね)

少ない必要な人と、今大事に付き合って行ければそれで十分なんじゃないかなあ、と思ってます。

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時15分

>ハピィぱぱさん

自分からは裏切らない・・・
すごいですね。
ハピィぱぱさんっぽいなあ、と感じました。
でも、ちょっと疲れたりしませんか?
僕は、嫌いな人とはばっさり縁を切るほうなので、
ハピィぱぱさんのようにはできないです。

心に余裕がない人。
多いかもしれません。
せっかく生まれてきて、生きているんだから、
小学生を渡らせるくらいの余裕はほしいですよね。
歩行者優先なんて当たり前のことなのにな。
もし、小学生がそのまま道を渡ったとしたら、
全面的に運転者の責任になるってこと分かってるんでしょうか・・・

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時20分

>としさん

としさんは、山派なんですね。
僕も以前は山のほうが好きでしたが、最近は海派です。
まあ、どちらのほうが大事とか上とかそういう問題ではなく、
僕の場合、ただの好みの問題ですから(笑)

自然が残ってないと、息苦しい感じになりますよね。
都会に住んでいる方には申し訳ないけれど、
東京と名古屋に住んでいる間は、ずっと息苦しさがありました。
根っからの、田舎っ子なんでしょうね。

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時23分

>ぽいみんさん

そうですね。
お金。
すごく大事です。
ある程度はないと、生活していけませんから。
ローンがあると厳しいですよね。
私も車ローンと学生時代の奨学金ローンがあります。
でも、マンションとなるとやっぱり、プレッシャー度が
強いんでしょうね・・・・
何とか新しい仕事が見つかるといいですね。
ぽいみんさんは、管理職が向いている気がしますが、
それはもうイヤなんですよね。

ちなみに、ぽいみんさんのブログの紹介文、
少し訂正しておきました。
「ちょっと怖いけれど」なんて、かなり失礼なやつですよね・・・
すみません。
今は怖くないので。

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時28分

>J さん

必要な物事、人はきちんと整理できているわけじゃないですよ。
今の状態での一時的な判断ですから。
たぶん、間違えもあると思います。

元々、整理したり、分析したりするのが好きなだけです。
苦手なことはできませんよ。

Jさんは、料理されるんですよね。
僕は、料理なんて炒め物くらいしかできません。
誰でも、できることとできないことがある。
それでいいんじゃないかな、と思いますよ~

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時31分

>ゆめさん

海までは自転車使って、往復で1時間超えちゃうんですよ。
なので、海に行くとくたくたになるので、そんなに行けません・・・
近くに山があるのもいいじゃないですか。
僕は海のほうが好きですが、山の方が心を癒す効果はありそうですよ。

僕は田舎っ子なので、やっぱり自然が必要みたいです。
実家に帰ってから、自然から元気をわけてもらっている気がしてます。

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時38分

>ぶぶぅさん

ひきころしちゃだめですよ~
免許取り上げて、車をぼこぼこに凹ますくらいで許してあげましょう。

数日過ぎた今では、あの人たちはほんとにカワイそうだな、と思えてきました。
だって、子供を渡らす余裕すらないんですよ。
そんな余裕もない人が幸せになれるはずないですから。

投稿: ぽとす | 2008年5月17日 (土) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/20951270

この記事へのトラックバック一覧です: 必要なもの:

« コンクリートの隙間から | トップページ | 笑顔からもらえる幸せ »