« 必要なもの | トップページ | コンクリートの隙間から(エピローグ) »

笑顔からもらえる幸せ

昨日は、メンタルクリニックへの通院日でした。

今のクリニックは、先生も話しやすく信頼しているし、予約制だから待ち時間もほとんどないし、診察時間も20分もとってくれるし、クリニックの雰囲気もとてもいいんです。

それでも、なぜか、通院は緊張してしまいます。

なので、できるだけ午前中に通院することにしているんですが、昨日は空きがなく夕方からの受診でした。




私は、緊張をごまかすため午前中インターネットで久しぶりにうつ病関連のHPなどを見て過ごしていました。

すると、一つのメンタルクリニックのHPにたどりつきました。

このメンタルクリニックは、実家から自転車で10分くらい、臨床心理士もいるらしいんです。

しかも!

クリニックの先生が若くて美人!

Around 40(精神科医である天海 祐希が主人公のドラマ)の天海さんみたいなんです!

思わず「!」マークの3連続です。

あ~、こっちの病院のしておけばよかったかな、なんて思い始めました。

昼ご飯を母と食べながら、その話をしてみると(もちろん美人先生の話はとばして)「あんたねえ、今のクリニックの先生、いい先生だと思ってるんでしょ。だったら、それでいいじゃない」と言われてしまいました。

まあ、正論ですね。

今のクリニックはとても気に入っているし、先生も信頼できているので、転院する意味がないです。




昼過ぎになっても、緊張はほぐれないので、早めに家を出て、銀行に行くことにしました。

銀行でちょっとした手続きをやりたかったんです。

でも、そういう事務手続きは疲れる。

それが分かっていながら、緊張でおかしくなっている私は、銀行に向かってしまいました。

話が少し脱線しますが、途中でこんなわんこを見かけました。

寝ています。

Shiba









携帯カメラって、撮るときに音がしますよね。

その音でわんこを起こしちゃいました。

ごめんね、お昼寝を邪魔して。

首輪をしていたので、捨て犬じゃないと思いますが、また今度このわんこのところに行ってみようと思います。

今や、わんこを見ることは、私の生きがいの一つです。




そうこうしているうちに、銀行に着きました。

私は、とんぷくを飲んでから、銀行に入りました。

(トイレに行きたいな)と思ったので、警備員さんに「トイレはどこですか?」と聞きました。

「エレベーターで上がってください」と教えてくれました。

私は、エレベーターに乗り、トイレのある階まで行きました。

すると、そこはローンや投資を相談するフロアで、しーんと張り詰めた雰囲気。

気まずい・・・。

私は、そのフロアを不審者のようにうろうろしてました。

すると、さわやかがっちりエリート銀行マンが「どうか、なさいましたか」と声をかけてくれました。

私は一瞬、びくっとして「あの・・・、トイレはどこでしょうか」と言いました。

エリートくんは、「こちらでございます」と言い、一つのドアに向かい、ドアについている暗証番号をかちかちと押して、さっそうとドアを開けてくれました。

なに! トイレに入るのに暗証番号とは。

しかも、エリートくんの身のこなし。

ホテルマンみたいじゃんか。

どきどきしながら、トイレに入りました。

でも、トイレは普通でした。

そして、暗証番号ドアのところまで戻ると、なんと、エリートくんが待っているではありませんか。

私は、申し訳なく思い「ありがとうございます」と言い、そそくさとエレベーターで下に降りました。




さて、ここからが、タイトルの「笑顔からもらえる幸せ」の内容になります。

前置き、なげーよ! というツッコミは受け付けませんよ。

これが、ぽとす流のブログですから。

私は、整理番号の紙をもらい、順番を待っていました。

順番が来ました。

あれ? 二人も受付にいる。

なぜ?

と思いましたが、見た目から一人は新入社員、一人は教育係なんだなと気がつきました。

私の手続きは、結構利用している人も多そうなメジャーなものです。

でも、新入社員(笑顔が素敵なにっこり初々しい新入社員、以下にっこりさん)はその手続きを行うのが初めてのようです。

教育係(くろぶちメガネが似合うしっかりお姉さん、以下しっかりさん)が、あれこれ教えながら、にっこりさんは私に説明してきます。

私は、しっかりさんの説明も聞こえてくるので、2回同じ説明を聞くことになったりしました。

でも、ぼんやり頭の私にはちょうどよかったです。

にっこりさんは、そこまでてきぱき動けるわけでもないんですが、笑顔がとびっきりにいいんです。

ここまで、笑顔がいい人は見たことがありません。

にっこりさんの笑顔を見ればイヤなことも、忘れられそうな笑顔です。

中国、チベット問題もにっこりさんが間に入れば、笑顔で和解させられそうです。

そして、にっこりさんは手続きの合間に、何気ない場が和む一言を言うんです。

たぶん、営業スマイル、営業トークではなくて、本音の笑顔であり、本音の会話だと思います。

おかげで、苦手な事務手続きも苦痛じゃなく終わらせられました。

それどころか、にっこりさんの笑顔にかなり癒されました。

このまま病院に行かずに、薬飲まなくてもいいんじゃないかっていうくらい癒されました。

こんなこと書くと「また~、男ってだいたい若い子に弱いのよね。全く男ってなんでそうなのかしら」と思う女性もいるかもしれません。

でも、違うんですよ~。

その子は、女性でも癒される笑顔の持ち主なんです。

よくいる、若さを武器にして、ちょっとぶりっ子気味の女の子とは訳が違うんです。

手続きが終わって、最後にその子が「ありがとうございました~」とまた笑顔で言ってくれたので、私も思わず「どうもありがとう」と言っていました。

本当に感謝したい気持ちになったんです。

銀行ってお金を扱う仕事で、大変だろうけれど、にっこりさんは負けずにいつまでも笑顔で働いてほしいな、と思いました。

しっかりさんも優しい感じだったし、エリートくんも親切だったし、あの支店はいい職場なんだろうから、にっこりさんも大丈夫だろうな、と思いました。




私、サービスが丁寧なところが大好きなんです。

昨日みたいな心からの笑顔とかサービスをしてくれるところが大好きです。

そして、感動すらします。

今まで、感動したのは、ホテルのサービス、飛行機のキャビンアテンダント、今の車ディーラー担当、今の保険会社、ガソリンスタンド・・・etc. です。

嬉しいんですよね、単純に。

親切に丁寧に接してくれると。

たぶん、マニュアル化すれば、ある程度のレベルまでの接客はできるはず。

でも、それ以上にいくには、仕事が好きで接客が好きじゃないと無理だと思います。

やっぱり、人と人とのコミュニケーションが丁寧にできるって、気持ちいいですよね。




さて、話は戻り、通院しましたよ、ちゃんと。

にっこりさんの笑顔で癒されて、家に帰ったりはしませんでした。

クリニックでは、先生から私に、勇気付ける言葉をかけてくれ、嬉しくなりました。

「あなたは今は生産的なことはないもしていないかもしれない。でも、うつ病というのは一気によくなるものではなく、一定期間のエネルギー補充が大事。今はその大事な作業をする時間だからね」

分かっていることなんです。

でも、先生が真剣に何度も繰り返し言ってくれたので、私は心が軽くなりました。

どうしても、罪悪感を感じて過ごしているので。

こういう言葉が、本当に救いになるんですよね。

そして、クリニックでも先生は笑顔でした。

この先生の笑顔も営業用じゃなく、心からの笑顔だと思います。

私の睡眠障害が改善されていると分かると、嬉しそうな笑顔をしていました。

患者が回復している様子を見て、笑顔になるっていい先生ですよね。

先生の笑顔を見ていると、安心感が生まれました。

でも、先生は最後にちょっと気になることを言いました。

「薬、変えなくてもいいよね?」

私は、(え? なぜ、私が処方を決めるんだろう)と思いながら、「はい、そのままでいいです」と答えました。

でも、帰り道、そのことを考えてみると、先生は「私はこのままの処方で様子見るのがいいと思うんだ。大分回復してきているみたいだしね。でも、何か薬の副作用や気になることはないかな。もし、何かあるなら薬変えるけどどうする?」という意味で言ったんだと気がつきました。

うーん、まだまだ判断力や思考力は回復していないなあ。


|

« 必要なもの | トップページ | コンクリートの隙間から(エピローグ) »

コメント

他人の仕草を見て、幸せだぁって思えるのは、実は心の余裕があるから出来ることなんです。心底辛いうつの症状が出ている時は、他人の仕草なんかまったく気が付きません。

その点、ぽとすサンの症状は、まだ軽い方なのかなぁと想像してみたり(苦しまれているのだとは思いますが)。

話は変わりますが、薬の処方の決定権って、あまり知られてませんが、医師ではなく患者にあるんですよ。だから、「この薬イヤ」って拒否することも出来るんです。先生が、このままでいいのか、って聞いたのも、その一環があるのだと思いますよ。

投稿: ぽいみん | 2008年5月17日 (土) 11時55分

前置きなげーよ(笑)

いいなぁ~。。。みんな親切そうな人たちばかりで・・・(苦笑)
私の通ってる病院は県立のちょっと大きい病院で、精神科のみです。だからいろんな患者さんがいてちょっと恐くなるときもあります。この病院には紹介されたわけじゃなくて、もうどうしようもなく、焦って飛び込みで入ってしまってどうにもこうにも診察してもらわなくてはならない状態になってしまった訳です。。。
噂では「看護士さんは皆感じのいい人達だよ」って聞いて安心したんですけど、直接関わるのは主治医ですから、あまり関係ないのかな?って。。。公立なので先生がころころ変わります。結構安心できないなぁ~・・・ってトコもあるので、別な病院も探してみようかなって思っていました。

事務員さんは、とっても事務員さんです。にこりともせず、事務処理してます。「やっぱり公立はこうなんだなぁ~」って感じました。

私の住んでるとこは田舎なので、精神科とか心療内科とか、なんとかクリニックってあるんだろうか・・・ちょっと調べてみよう(^-^)

投稿: とし | 2008年5月17日 (土) 15時01分

ステキな笑顔、かわいいわんこ、先生の思いやり、
そんなことに気づけて幸せを感じられるぽとすさんがステキだと思います♪

そういう感性を大切にしていったら、
うつ病はきっと知らぬ間になくなって、
前よりもっとステキな自分になっている。。。

そう信じて一緒に頑張りましょう!

投稿: J | 2008年5月17日 (土) 16時24分

読んでいて、和やかな気持ちになる内容でした。
やはりサービスを気持ちよく受けることって
いいですよね^^ こちらも気分が良くなるし
相手も気分が良く仕事できるし。
ぽとすさんの「美人フェチ」にちょっと笑いました。
確かに綺麗な女医さんも、治療になるかもしれません。
眠ってるわんこの姿にも、癒されました。
私もわんこが生きがい?!というくらいですが
今は、辛抱の時です。
充電中なので、ゆっくり過ごしましょう^^

投稿: あおぞら | 2008年5月17日 (土) 18時02分

とりあえず落ち着いているようですね、良かったです。
私も時々「仕事もしないで日々過ごしているなんて!」
と思うことがあります。
でも今は病気を治すことが先決ですから。
焦らずに治療していきましょうね、お互いに!(^_-)-☆

投稿: hikaru | 2008年5月17日 (土) 20時14分

私も外に出て、歩くだけじゃなく
ちゃんと周りも見れるように(見えるように)なってきたのは
つい最近になってからですね。
それでも、風が気持ち良い~とか、ここの花壇の花キレイだね~って
そういう風景とか自分が感じられる部分だけで
まだ人に目を向けるのはあまり出来ません…。
しかも車の中からだけです(笑)

病院とかで受付の方に、笑顔で接してもらっても、私自身はきっと引きつってるであろう笑顔でしか、返せてないんだろうな~って改めて気付きました…。

投稿: 里絵 | 2008年5月17日 (土) 23時06分

「心からの笑顔」本当にいいですよね。
私は、きっと「表情が乏しくて、何を考えているのか分からない」と思われているので、かなり反省しました。
熟睡しているわんこちゃん、本当にかわいいです。

投稿: 熊五郎 | 2008年5月17日 (土) 23時35分

前置き長っっ!!(笑)

私、ぽとすさんの、以下~さんっていうのがかなりツボなんですhappy02
毎回いいネーミングなんです、すごくわかりやすくて♪
私も昔接客業してたので、笑顔には自信あったんですが・・ぽとすさんに褒められるような笑顔してたか、今思い出しても???ですweep
笑顔ってホント大事だと思います!!

投稿: まめ | 2008年5月18日 (日) 08時58分

素敵な人に出会えて、良かったですね。
私も、人から安心感や、元気を貰うことがあります。
そういう人を、尊敬しますよ。
本当にありがとうって言いたい人に出会えるって、素晴らしいことだと思います。
良かったですね(^^)

投稿: coco | 2008年5月18日 (日) 10時51分

そういえば、前の病院でも受付の方が美人で、お気に入りでしたよね♪

笑顔と言えば、最近の私は笑顔が下手になっている気がします。うつの最盛期には完全に無表情だったから、それよりかはましにはなっているかとは思いますが・・・。
仕事をする上で、笑顔って大事ですよね。
私もいい笑顔、こころがけよっと。

投稿: やまぶき | 2008年5月18日 (日) 22時36分

こんにちは。
実家に帰られてから気持ちも落ち着かれているように思います。
いつも出てくる○○くんとか○○さん、特徴をよくとらえていておもしろいですねhappy01

診察の時ってどんなにいい先生でも、無意識に緊張してしまっているみたいですね。
私も帰ってきたらすごく疲れます…。

ところでemoは相変わらずうつ病が好きな…になってますね。よほど前のブログで書かれていたんでしょうか^_^;?

投稿: ゆめ | 2008年5月19日 (月) 08時09分

笑顔からもらえる幸せってありますよね。
僕を診てもらっている先生も笑顔が素敵なんです。
ぽとすさん、実家に帰られてからだいぶん調子が出てこられたんじゃ
ないでしょうか^^
以前は、自分を責めて涙がでてこられることもあったみたいですから。。

おっと、ハピィがドアをガスガスしながら呼んでるのでこの辺で失礼します^^;

投稿: ハピィぱぱ | 2008年5月19日 (月) 17時49分

>ぽいみんさん

え、薬って患者が決定権を握っているんですか。
知りませんでした・・・
じゃあ、極端な話、抗うつ剤はこれで、抗不安剤はこれで、
睡眠剤はこれ、と指定できるんでしょうか。
まあ、指定するような人はいないと思いますけどね。

あ~、私の症状は軽いほうだと思います。
一番最初のクリニックで、軽度~中度くらいって言われたので。
そして、皆さんのブログを読んでいると、自分は軽い方だな、
と思ってました。
まだ、どこかに余裕がありますから。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 09時50分

>としさん

先生がころころ変わるのはイヤですよね。
公立でもいい病院ならいいんですけど、
先生が変わるのはよくないと思いますよ。
カルテだけじゃなくて、患者の様子や話し方も
先生は見ると思うんです。

先生が毎回違うと、その辺が分かりにくくなるのかな、
と思いました。
事務員さんもにこりともしないのは、悲しいですね。
僕のところは、挨拶くらいは軽くできます。
分からないことも電話で教えてくれます。

病院って、うつ病治療する上でかなり大事だと思うので、
検討してみる価値はありますよ~

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 09時55分

>Jさん

うつ病患者に「頑張りましょう!」はだめですよ(笑)

周りを見渡してみると、いろんな人や大事なものに
囲まれて生活してるんだなあと気がつきました。
たぶん、実家に帰って、家事や雑用を親にお願いしているから、
余裕ができてきたんだと思います。

うつ病が治ったときは、きっと違う自分になってるだろうな、と思います。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 09時59分

>あおぞらさん

そうなんです。
僕は美人が好きなんです。
ばれちゃいましたね。
ただ、きれいな先生だと、緊張してしまうので、
治療には良くないかもしれません(笑)
今の先生は気楽に何でも話せるので、
浮気はしないことにしました。

わんこ好きはほんと、同じですね。
僕は近所のペットショップに週1で通ってます。
毎回、犬をじーっと見つめています。
もうちょっと広いところに出してあげたいなあ、
といつも感じます。
だって、ペットショップのわんこがいるスペースって、
すごいすごい狭いですよね。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時04分

>hikaru さん

仕事をしていないことに焦るのは、周りのことが見え始めているってことで、少しずつ回復しているってことらしいですよ。
何か、仕事をやりたくなりますが、そこはぐっとこらえて、
今は休みましょう~

外国の方はめちゃめちゃ長い休暇をとるってよく聞きますよね。
今はそんな感じで、長いお休み期間なんですよ、きっと。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時08分

>里絵さん

花とか風に注目できているのは、いいことですよ~
僕だって、人に注目していると言いながら、
大半は美人やかわいい女の子に注目しているだけですから(笑)
ちゃんと、人と向き合って話したりできるようになれたらいいですよね。

病院の受付の方に、引きつっていても、笑顔で返せているのもすごいことだと思います。
僕は、笑顔すら作ってない時期がありました・・・
今は、普通に挨拶くらいはできるようになりましたけど。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時12分

>熊五郎さん

心からの笑顔をもっている人って、ほんとうらやましいですよね。
笑顔の人を見ると、こちらまで幸せになります。
僕も、何を考えているのか分かりにくい表情をしています。
同じですね。
でも、それは病気のせいも少しはあると思うんです。

ちゃんと治れば、また笑顔を取り戻せるはずです、きっと。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時15分

>まめさん

ネーミング、誉めてくれて、どうもありがとうございます~
毎回せっせと考えているかいがありました。
できるだけ、読んでいる人に、イメージしてもらいやすくするための、
僕なりの工夫なんですよ。

まめさんの笑顔・・・
どんな感じなんでしょうね。
食べ物を前にしたときは、素敵な笑顔になりそうですね(笑)

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時18分

>coco さん

そうなんですよね、人から元気や安心感をもらえることって結構ありますよね。
逆に、人に元気を奪われることもありますけどね・・・

お互い、人に元気や安心感を与えられる人間になりたいですよね!

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時21分

>やまぶきさん

そうです、前の病院の受付の方はきれいで、お気に入りでした。
よく覚えてらっしゃいますね~。

笑顔が素敵な人って、自然に周りに人が集まってきますよね。
やまぶきさんは笑顔になるのが(といっても顔を知りませんが)、
上手そうなイメージがあります。
何となくですけど。
ぜひ、元の笑顔を取り戻してくださいね。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時26分

>ゆめさん

○○くん、分かりやすいですか。
よかったです!
読んでいる方に分かりやすくというのもありますが、
僕がこういう風に人の特徴を表現するのが好きなので。

emoは、うつ病好きみたいですね。
もう、どうしようもありません・・・
なにしろ、うつ病ブログですから。
ただ、1色なのがちょっぴり寂しいです。
4色くらいの方もいるみたいですから。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時29分

>ハピィぱぱさん

最後の1文。
ちょーうらやましい状況です。
いいなあ。
僕も、ハピィに呼んでもらいたいです・・・
いっぱい撫でてあげるのに。

そうですね、実家に帰ってからのほうが調子がいいと思います。
自分を責めて泣くこと。
完全にはなくなってませんが、回数は減りました。

これまた、勝手なイメージなんですが、ハピィ一家は笑顔がたえない家族のような気がしますよ。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 10時33分

こんにちは。先生の言葉は自分がわかっていることでも励みになりますよね。いい病院でよかったです。わんこもかわいかったです。無防備なところがいいですね。

投稿: たけかな | 2008年5月20日 (火) 16時07分

>たけかなさん

そうなんですよ、このわんこ、かなり無防備です。
2回会っているんですけど、吠えたりもしないし、
すぐに逃げたりもしないし。
飼い犬だけど、外に放し飼いしているのかな、と思います。

クリニックの先生は、繰り返し言ってくれたのがよかったです。
それだけ、うつ病の人が陥りやすい思考なんでしょうね。

投稿: ぽとす | 2008年5月20日 (火) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/20996906

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔からもらえる幸せ:

« 必要なもの | トップページ | コンクリートの隙間から(エピローグ) »