« 全日本女子バレーボール | トップページ | うつ病患者に役立つブログパーツ「KiTT」 »

五郎おじいちゃんのそうしき

※小説カテゴリーです。




「早くそこにおいている服にきがえなさい」

お母さんは、そう言って、てきぱき動いていたんだ。

さっきから、紙にいろいろ書いたり、あちこちに電話したり、押入れのおくでごそごそしていたな。

なんだか、とても忙しそうに見えたよ。

お父さんは、いつもよりぼんやりして、台所の椅子に座っていたんだ。

ぼくは、お父さんが少し心配だったんだよ。

だって、五郎おじいちゃんは、お父さんのお父さんだから、五郎おじいちゃんが死んだことはお父さんにしてみたら、すごくショックなことなんじゃないか、って思うんだ。

ぼくだって、お父さんが死んじゃったらすごくショックだと思うしさ。

だから、お母さんがいつもより元気そうに動き回っているのが、ふしぎなんだよね。

お母さんは、五郎おじいちゃんが死んじゃったのが、ショックじゃないのかな。

これでも、ぼくも、少しはショックだったんだよ。

五郎おじいちゃんはうんと遠くに住んでいるから、たまにしか会えなかったけど、川や山につれて行ってくれたし、「けいたはいい子だ」ってたくさん言ってくれたんだ。

「いい子だ」って言われるとはずかしかったけど、でもうれしかったな。

友達には、そんな話するとばかにされそうだから、こころの中にしまっておいたけどね。

ぼくは、お母さんから言われた服にきがえながら、そんなことを考えたんだ。

それにしても、この服、まっ黒で変なの。

なんだか動きにくいしね。

だからさ、ぼくはお母さんに、

「お母さん、今日はこの服きなきゃいけないの」

と聞いてみたんだ。

お母さんは、

「けいた、あんたも3年生になるんだから、わがまま言わないの。今日は忙しいんだから、困らせないで」

とだけ言って、また押入れのほうに行って何かをさがし始めたみたい。

ぼくは、五郎おじいちゃんが死ぬとどうしてお母さんが忙しいのかぜんぜん分からなかった。

でもね、こういう感じのときのお母さんにはさからわないほうがいいんだ。

動きにくいし、黒ばっかりでかっこ悪いけど、しかたないよね。





五郎おじいちゃんの「そうしき」は、広い広いところでひらかれたんだ。

いとこのめいちゃんも来てたけど、話ができるかんじじゃなかったな。

なんとなくだけどね。

そうしきが始まると、みんなとっても静かにしてたから、ぼくもじっとしてたんだ。

よこに座っているお父さんは、泣いているように見えたよ。

でも、見えたってだけで本当のところは、どうなのか分からないけど。

ぼくは、このままじっとしていればいいのかと、思ってたんだ。

でも、とちゅうでお父さんやおじさんが立ち上がって、こなを手に持って、よこの入れものにいどうさせてるんだよね。

大人たちだけがやるのかと思ったのに、めいちゃんもやっていたから、ぼくもあれをやるみたい。

しんと静まったところで、こういうことやるの苦手なんだよな。

うん、まあ、ちゃんとやるけどね。

そのとき、しんぞうがバクバクいっていたのはおぼえてるよ。

ぼくは、そうしきってみんなが泣くものだと思ったんだけど、今日のそうしきはちがうみたい。

お父さんとおじさんしか泣いてないんだもの。

他の人は、くらい顔をしてたかな。

でも、そうしきが終わったら、くらい顔じゃなくて、えがおになっていたのは、ふしぎだったな。





五郎おじいちゃんのそうしきが終わったら、大人たちはお酒をのみ始めたんだ。

ぼくは、大人たちがお酒をのんでるのを見るのがきらいなんだ。

だって、すごく顔を赤くしたり、大きな声で笑いだしたり、いつもとちがう感じになっちゃうもん。

ちょっと、こわいよ。

でも、このときの大人たちのお酒は、いつもより、ずっと、いやだったな。

だってさ、五郎おじいちゃんは、もう死んじゃったんだよ。

ぼくも少しはかなしい気持ちなのにさ。

大人たちは、お酒をのんで、わいわい、がやがやしてて、おかしいよね。

だから、ぼくは、めいちゃんに

「お酒なんてのんじゃっていやだよね」

って言ったんだ。

めいちゃんは、

「うん、おじいちゃんはいなくなっちゃったのにね。おじいちゃんがいなくなったのがうれしいのかな」

って言ったんだよね。

ぼくは、ドキッとしたな。

大人たちは、おじいちゃんが死んでうれしいって、本当ならこわいもん。





お酒をのむのも終わって、お父さんとお母さんとタクシーでうちにかえったんだ。

タクシーの中では、お母さんは、つかれた、つかれたと何回も言ってたよ。

お父さんは、お酒をのんでたから、赤い顔をしてた。

でも、よく見るといつものお父さんじゃなかったんだ。

どうちがうのか、ぼくには分からないんだけどさ。

だから、ぼくは、どうしたらいいのかぜんぜん分からなくなったんだよね。

そのとき、お父さんは言ったんだ。

「やっと、終わったな」って。

そして、お父さんは、少しだけ、ほんの少しだけわらったんだ。

でも、やっぱりかなしそうだったな。

ぼくは、お父さんのことばを聞いて、五郎おじいちゃんはもういなくなったんだな、って思ったよ。






五郎おじいちゃんのそうしき (完)





|

« 全日本女子バレーボール | トップページ | うつ病患者に役立つブログパーツ「KiTT」 »

コメント

ぽとすさん、こんばんは。

文章がとても柔らかいですね。
こういうふんわり感がある文章大好きです。
すーっと心の中に文章が入ってきます。
ぽとすさんの人柄が伝わってきます。
また、いろいろな小説を書いてくださいね。
楽しみにしています。

投稿: あおぞら | 2008年5月24日 (土) 21時55分

>あおぞらさん

文章は、そうですね、柔らかいかもしれません。
ふんわり感もあるのかな、と思います。
でも、内容は結構シニカルで、人の暗い部分を書いたつもりなんです。

いろんな感じの話を書くのが楽しくなってきたので、また今度も書きますよ~
次は何にしようかな。

投稿: ぽとす | 2008年5月25日 (日) 11時09分

こんにちは。

ぽとすさんの小説は思うままに書いてるんですか?それとも何かに書き綴ってるんですか?

文才ありますよね^^エッセイ集とか出しちゃったりして(笑)

投稿: とし@宮城 | 2008年5月26日 (月) 09時14分

>とし@宮城さん

僕の小説は思うがままに書いてますよ。
あ、こういうのを書きたい! って思いついたら、
頭の中に出てくる場面を文章化しているんです。

ほめてくれてありがとうございます。
としさんが買ってくれるなら、エッセイ集出しますよ(笑)

投稿: ぽとす | 2008年5月26日 (月) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034528/21139005

この記事へのトラックバック一覧です: 五郎おじいちゃんのそうしき:

« 全日本女子バレーボール | トップページ | うつ病患者に役立つブログパーツ「KiTT」 »